adolf45d.com
哭声コクソン | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ああ、もうどうしよ。 「お嬢さん」「アシュラ」「哭声コクソン」と観たいのが韓国映画しかない。韓国映画のストーリー展開のテンポの良さや、俳優陣の演技力、層の厚さ、流行を惜しげもなくより大胆に露骨に再構成する姿勢、タブーを恐れぬ製作、絵の美しさ、、、、、誰がどう考えても世界最良の映画製作国だろう。韓国映画を無視するのは真の映画好きとは言えないな、とすら思えてくる。すっごい勢いがあるし、勢いが緩む気配もなし。 ※一番下にネタバレ書いているので注意してちょうだい そんな韓国映画の最近の流行は、悪役に日本人俳優を起用することなんだそうだ。それまでは適当な俳優に下手くそな日本語を喋らせていれば問題はなかった。しかし、最近はこの「コクソン哭声」にもみられるように、高額ギャラ必須の日本のベテラン俳優を起用するのが増えている。「隻眼の虎」でも大杉漣が出ていたりする。それまで韓国社会最大のタブーだった日本領朝鮮時代を舞台にしたお話が増えているのも関係しているだろう。来週観たいと思っている「お嬢さん」も1939年朝鮮が舞台だそうである(日本人俳優は出ていないようだが)。 「哭声コクソン」では國村隼が悪役として登場し、韓国映画界で最も権威があるとされる青龍映画賞の男優助演賞を受賞したとかで話題となっている。監督は「チェイサー」「哀しき獣」の鬼才ナ・ホンジンで、おれも両作には心底興奮して喝采を送ったものだ。 今回も予告編からしてかなりハードボイルドな作風を予想していたのだが、ややコメディタッチに作られていて場内ではところどころ笑い声が溢れる場面も。考えてみれば、「チェイサー」「哀しき獣」も少々漫画チックなキャラ造形が目立っていたようにも思う。若い人に勧められる観やすいタッチと世界観といえるだろう。 ストーリーは、小さな村で次々起こる不幸の原因を探る警察官の活躍を描いている。 奇怪な事件、殺人、奇病、実の娘の奇行の原因が山にこもる謎の日本人にあると目星をつけ、色々と奮闘する。日本人(國村隼)を追い出そうと脅したり、祈祷師を雇ったり、仲間集めて山狩りしたりとか。でも全部無駄な努力に終わる(笑)。