adolf45d.com
信用できる情報とできない情報 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
現代社会……これだけ情報が氾濫していると、どの情報を信用すべきかすべきでないかは、各自がフィルターをかけて無意識に取捨選択しているんじゃないかと思われるが(メディアリテラシーとよびます)、マスメディアとインターネッツと大企業のコマーシャルと嘘と保身と虚飾とデタラメに満ちたこの社会で、信じるべき情報とそうでない情報を分けてみる。(暇なので) ※主観です ■かなり信用できる 理知的な信用できる知人の経験に基づく口コミ 信用度★★★★★ …あくまで「理知的で信用できる知人の体験談」という限定ではありますが、そこまで定義する難しさはありますが、これは最も信用できる。たとえば「新車買うのにメーカーは値段200万とか言ってるけど、実際は270万ぐらいになるし、粘りまくれば240万ぐらいには値切れるよ☆」といったような話だ。聞いただけでは「嘘だろ〜?」と思うけど、だいたいその通りだったりする。値千金の情報か否かをとっさに判断できない、つい疑ってしまうのでなかなか効率的に情報収集できないのが難点。 個人の趣味サイトや趣味ブログ 信用度(★★〜)★★★★★ ここは個人ブログだからね!だから自信を持って信用できるよ!(*^◯^*)、と断言したい(嘘っぽい)。たいていのブログには広告が入っているが、趣味ブログやサイトに限れば、けっこう信用できる。あの映画は面白かった、面白くなかったなどの他愛もない情報から、興味深い体験談など。もちろん主観がすべての世界だが、「そのブログ主がそう思った」のは確かだと思っている。ただし、善人ぶったりマイナスな言葉を一切発さないように気をつけているブログも多く、そんなブログ主の発する情報はほとんど信用できないし内容もつまらない(こういうのは自分が周囲に良く思われたいという保身に端を発する「嘘」なのだ)。あとは、「『君の名は。』ちょー面白かった、感動した(*^◯^*)!」→終わり、みたいな、そんなブログもダメ。。。信用できない、というか役に立たないので★2つだ。 カスタマーレビュー(フィルターなし) 信用度★★★★★