adolf45d.com
映画と音楽 私的セレクション!! | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
前々回のエントリで、映画やテレビアニメのエンドクレジットで流れる曲をいくつか紹介したが、なんだか色々とネタも思い浮かんで面白くなってきたので調子に乗って第二弾としたい。 ハマるきっかけとはわからないものだ。いつもこうして一人遊びばかりしている人生だった。 音楽の使い方にセンスを感じるのはやはりデヴィッド・リンチだ。前回紹介した「インランドエンパイア」のエンドロールで流れる曲は、ニーナ・シモンというジャズシンガーの「SINNERMAN」という曲だそうである。ヘンテコな曲だがすっごいスルメ系である。リンチの作るアヴァンギャルドな映像ともマッチしている。相変わらずこういうのを選び出すセンスはすごい。エンドロール自体がPVのようである。芸術的だ。ぜひ見て聞いて体感して欲しい。進歩的な音像だが、なんと本人は既に鬼籍。曲も60年代発表。ジャズにハマりそうだ。村上春樹の新作でも読みながら掘り漁ろうか。 元の曲はこれ↓ リンチの映画にはたくさん名曲が埋まっている。 「マルホランドドライブ」も名曲がたくさん。意味わからないシーンで流れるスペイン語歌詞の歌。やっぱり全然意味はわからないが、悲しいのだというのはわかる。 キュートなシンガーがキュートに歌うキュートな曲「I've Told Every Little Star 」。リンチにかかればこんな歌でも不穏な情景に。個人的にこの曲聞くとマツコのでかいツラが頭に浮かぶ。 「ロストハイウェイ」のオープニングとエンドクレジットを彩るのはデヴィッド・ボウイの「I'm Deranged.」幽玄で摩訶不思議な映画の世界観を効果的に演出している。 デヴィッド・ボウイといえば「The Heart's Filthy Lesson」だ。デヴィッド・フィンチャーの「セブン」のエンドロールで流れる。(デヴィッドだらけやな)