adolf45d.com
虐殺器官ー映画評 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
これは原作小説はいったい何年前に読んだんだか、もう忘れちゃったぐらい昔なんだけど、伊藤計劃という早逝の作家さんの代表作だ。氏はこれを含め、オリジナル小説は数本しか発表していない。作風としては、現実の戦争の悲惨さと、攻殻機動隊チックなSF要素をミックスしたストーリーで、短編も含めて氏の作品はだいたい読んだけど、どれもこんな感じだ。 外国舞台の外国人主人公の作品が多いので、今考えてもスタンスに学ぶところは多い。SF要素を大胆に取り入れることで、現実の過酷さを描いているのに、政治的になりすぎず堅苦しくなっていない。そこが読みやすさの秘訣だろう。 ただ、いつしか「虐殺器官」も「ハーモニー」も「屍者の帝国」も、表紙がアニメ絵になったりとかしだして、(これは氏が亡くなった後である)映像化するにあたってはアニメ化が大前提のようになってしまった。まあストーリーや世界観を考えればアニメ化するしかないのは理解できるが、日本の昨今のアニメ事情を考えれば、紋切り型無個性の罠にはまるのではないか、、、と映画化の話を聞いた時もかなり不安であった。 この映画はその心配がある程度的中する結果となっている。どこかでみたようなオタクアニメ的な絵柄、いつもと同じ声優、緑のライトを多用したブリーフィングルーム、オペレーターはエヴァンゲリオンみたいな女の子、といった具合で無個性極まるいつもと同じような「いつもと同じ」感じなのだ。これはとても残念だし、最初は全然ノれなかった。上質の肉でレトルトの牛丼を作ったかの如し、無個性大量生産アニメの末席に連なる駄作になっちまったんじゃないか、、、、、と。 キャラは確かにひどいのだ。 アメリカ軍人なのに、日本語喋るし。しかも声優はどこかで聞いたようないつもの人たち。ゲームの「メタルギア」みたいな要素もあるからわざとなのか、スネークとおんなじ声優のキャラもいるし、あまりの無個性と新鮮味の無さにげんなりだ。主人公の髭一本生えていないツルッとしたガキみたいなイケメンヅラにはほとほとウンザリさせられる。動揺すると黒目がお米粒ぐらいに小さくなってプルプル震えるところとか、いつもいつもこうだしウンザリする。もうちょっと新鮮味というものを重視して演出してほしかったなあ、、、、と思う。