adolf45d.com
夜と霧の隅で | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
『夜と霧』というフレーズはいろんな意味を持っている。 一つはヴィクトール・E・フランクルのアウシュビッツの体験記。 一つはアラン・レネの映画。 一つはヒトラーが発した反体制派の粛清命令。 ヒトラーが好きだったワーグナーの引用であるこのフレーズ。いつしかナチの恐怖政治を象徴する言葉となって行った。その隅っこで行われたある出来事。この小説は北杜夫の1960年発表の小説で、芥川賞受賞作だ。 日本人の書く小説で、外国が舞台で外国人が主人公の小説は、商業的に成功しにくく忌避される題材・・というのが暗黙知だ。これはその点外国が舞台で外国人が主人公の日本小説だ。 大戦中のドイツの精神病院で、安楽死命令の波が押し寄せる中、医師たちは慢性期に陥った患者たちを少しでも回復させることで、安楽死の選別から逃れさせようと決死の治療を行う・・・というストーリーでシンプルな「良い話」のようにも思えるが、そこはなかなか一筋縄ではいかない感じとなっていた。 劇中、スパイスとして日本人が登場する。同盟国医師としてドイツにいたが、戦争が始まって帰れなくなり、ユダヤ人の妻をめとって欧州の人種問題の複雑さに巻き込まれた末、モノホンのS(統合失調症)を罹患したという設定。やや無理があるが、日本人が登場したほうが読者は感情移入しやすいに違いない。 あくまでこの精神病院で患者を守ろうとする医師たちが主人公だが、純文学作品なので超能力を持った人がいるわけでも、嘘くさい善人もおらず、あくまでナチ体制下精神科医師の範疇を逸脱していないのが好感がもてる。あくまでリアルな、いそうなキャラ設定。チートや異世界に逃げ込み、夢を混ぜるよりこちらのほうがよほど知識が必要で、表現が難しいはずだ。その点、この筆者はドイツに住んだことがあるのか、設定から会話の内容まで、日本語で表現されているのに海外文学を読んでいるような気分になる。豊富な知識に裏打ちされた、非常にハイセンスな文体だ。