adolf45d.com
鋭利な刃物の如く | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
昔、うちのサイトとも懇意にしてくれていたある人物がいて、その方もブログを作ったりとかしておられたんだけども、近頃はめっきり数を減らした本音吐き散らし系のブログで、世の中のアレな部分に遠慮くなく怒りを表明し、口汚く罵っておられた。 あと、その方は元自衛官だったようなのだが、サバイバルの経験や雪中行軍の経験があったのかもしれないのだが、雪山に一人で、コンビニの300円ぐらいの海苔弁だけで挑んだりとか、どう考えても必要最小限の装備さえ満足に持たずに本格的な登山をし、写真付きのルポを書いて、無料で公開しておられた。 で、色んな山を制覇したりとか、確かその方は北海道の方だったんで、山に登った帰りに誰も知らんような地方の温泉を冷やかしてまたそのルポを書いたりされてたんだけど、本当に面白いブログで、近頃あれほど人様のブログを面白いと思ってブックマして毎日更新してないかチェックしたりとか、あんなことをした記憶はなかった。 ま、それももう何年前だろう? 五年ぐらい前かな? なんかもう忘れてしまった。 アナログ回線世代の個人ブログには、ああいう超個人的すぎる手作りサイトがたくさんあって、自分の経験や知識を他者と共有し、交流し、お互いに礼節を持って楽しむということが今よりもよっぽどできていた。まだ。あの時代は。もちろん2ちゃんねるはあの頃からあったが、異常者の行く隔離施設という位置づけであったと思う。(おれは当時から2ちゃんねるが嫌いであった) 当時は皆がハンドルネームを名乗って、発言するにしてもマナーを守るのが当然であったし、名前はそりゃ仮名なんだけど、完全に「名無し」「通りすがり」「 」とは一線を画し、発言に責任を持っている場合が多かった。小競り合いはあったが、今よりよほどまともな口喧嘩だった。今はネットを仲介した他者を、人間と認識していないんじゃいか?と思うような失礼な奴がいっぱいいるし、そういう奴は大抵まったく名乗りさえしない。一方的になんか言って逃げ出す。それをいろんなところで繰り返しているのだろう。