adolf45d.com
思うこと(いろんな話) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
去年のもろもろの旅行記にせよ、先日のスナイダー教授の講演にしろ、一人で行って帰って来ただけではやっぱり面白くないし、寂しいものだ。あんな風にルポを書いてお客が喜んでくれるんなら、おれも行った甲斐があると思えるし、体験したことをアウトプットすれば自分が成長できているよう錯覚もできるし、こういうのもアリだな、、、と思った。今更ながらだが。 ブログのネタとして映画の話題が消えつつあることを、ここの常連諸氏のほとんどは気付いているだろう。映画は全然観なくなった。今日もTSUTAYAに行ったはいいが、何も観ようと思えなかった。無理して借りても真面目に観ないし、そんなので酷評しても映画作った人に失礼だ、と最近感じるので、本当に面白そう!!と思うものだけ観ようと思う。時間は有限だし、おれも色々やりたいことがあるので、これ以上彩プロみたいな馬鹿映画で時間を無駄にはできない。 そんな中、「ヒトラーの忘れもの」は久しぶりに映画って素晴らしいモノなんだよな~~と思い出させてくれる良い映画だった。最近は露骨な商業路線の映画や漫画、アニメやテレビ、ゲームの類は受け付けなくなってしまった。子供のころ、「なんで大人はファミコンしねえんだろ?」と思ったものだが、最近はなんだかわかる。現実と真剣に戦っていると空想の世界に構っていられなくなるのだ。 昨日はスマホの液晶が落として割れたんでバタバタ修理センターに行ったんだけど、四時間ぐらい待つというから仕方がなくネカフェに行ったんだけど、漫画は一冊も読まなかった。何をしてたかと言うと、結局新聞読んだりしてたんだけど、ネカフェに来て漫画を一冊も読まない程度には、おれも現実にしか興味がなくなってきた。 ただ、そんな自分に酔っているわけではなく、どちらかというとそんな自分を残念に思っている。無邪気にハリーポッターとか見て空想を膨らませられる方が人生は楽しいだろうなと思うし、またゲームを1日18時間ぐらいやって現実を忘れてみたいと思わないでもない。大抵の漫画や映画を面白いと感じなくなったのも、ちっとも良いことではなく、寂しいことだ。感受性が乏しくなったのか、色々と達観し過ぎなのか。