adolf45d.com
ティモシー・スナイダー来日講演 慶應大学三田キャンパス編ー「ブラックアース」 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
2日目です。 この日も午後休を取り、車で都内へ。駐車場の確保に四苦八苦しつつ、ようやく開始。 慶應大学のほうが外部の人も多くていい雰囲気でした。まあ、通訳は同じ人だったんで質は変わらないですが(笑)。 一日目は以下。 教授が語った内容は以下です。 ・アメリカの政治指導者たちは、1930年代を良い時代だったと述懐するのだが、それをもう一度考え直して欲しい。 ・ホロコーストを体験した、ワルシャワのユダヤ人、イレナ・リプシツという人物について話します。 彼女は1939年にドイツ軍が侵攻したので、東に逃げましたが、そこにはソ連軍が既にいて、その支配体制に組み込まれました。 1941年にはまたドイツ軍が東ポーランドへ攻めてきましたので、イレナは今度はウクライナへ逃げました。イレナはドイツがユダヤ人を問答無用に殺していることをよく知っていたからです。 イレナはウクライナの森の中で隠れ潜みましたが、こんな慣れないサバイバルにはすぐ限界が来ると思いました。そこで、彼女は湿地帯でたまたま通りかかった、猟銃を持つ若い男に助けを求めたのです。 ・イレナの話は、ホロコーストのイメージからはかけ離れています。アウシュビッツともまったく無関係。ホロコーストのなにか機械的な、産業化された殺戮とのイメージは、実際は現実とは言えないのです。しかし、このイレナのエピソードこそが、ホロコーストのごくありふれた一端でした。 ・ポーランドユダヤ人は、ソビエトユダヤ人と並んで、ホロコーストの主要な犠牲者だが、まさにイレナのような人々がホロコーストの最初期の例なのです。その執行者は、ナチス親衛隊(SS)であり、ドイツ国防軍でした。 ・ドイツでは、ユダヤ人の多くは生き残りました。 ・多くの人々は、民族浄化や大量虐殺は、国家が行うと思っていますが、実際は国家が破壊され、法の支配が失われた場所で大量虐殺が発生します。その点で、イレナのエピソードは興味深い。 (イレナは、まずはポーランド国家の破壊、ソビエト体制の東ポーランドの破壊、同じくウクライナ国家の破壊を経験し、国家が破壊されるたびに逃げねばならなかった。最終的には湿地帯の森の中に隠れねばならなかった) ・社会学者や歴史家は、ホロコーストをカンボジアや中国で起こったことと同じように捉えようとするが、ホロコーストはもっとユニークだ。