adolf45d.com
年末年始(ブラックアースよもやま話) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
仕事納め? いや、おれ明日も仕事なんで。 つうか1月1日、2日も仕事なんで。休みは大晦日の31日と1月の3日だけなんで。 普通の土日と変わらん(笑)。おせち?んなもん食わんでいいわ(笑)。どうでもいい(笑)。 だいたい、休みこれだけで、年賀状も書いて、親戚とかに挨拶回りして、職場で年初の挨拶したり墓参りしたり?おせち作って?大掃除もしろって? バカかよ(笑)。誰がするか(笑)。 なんでこんな面倒な国に生まれちゃったんでしょうねえ、、マジで、クニ、クソ。 ・・と、いつもなら吐き捨てるところがだが、ちょっと待ってほしい! おれも先々週ぐらいに「ブラックアース」上下巻を買って、今週には読み終わったんですが、下巻の最後辺りを読んでいますと、先日疑問に思った「ブラザーランド」の疑問もだいたい解けましたし、スナイダー先生が口酸っぱく、おそらく本書の中で2000回は繰り返していたと思われるテーマも読み取れました。 それは、 国家は偉い。 ということです。 偉いというのはアレだが、左翼にしろ右翼にしろ、国家や政府を簡単に批判しますよねえ。そういう政府批判や国家にクソ・・失礼、文句を垂れる姿勢がかっこいいという空気もありますよ。国家を叩いとけば反骨ぶれてなんかかっこいい、みたいな。そんな人どこにでもいっぱいいますよねえ。 話がそれましたが、スナイダー先生の「ブラックアース」と「ブラッドランド」で何度も何度も繰り返されているホロコーストや大量殺戮の力学ですが、まあ、先生の言うとおりであると思うのですが、大量殺戮は国家や法の支配が失われた場所で起こるということなんですね。市民から市民権を奪い、法の庇護を剥奪し、外交権を有する者を抹殺し、その土地を弱肉強食の森へと変えてしまうことで、その土地では容易に大量殺戮を扇動することができる、ということなんです。その方法論を、ヒトラーはオーストリアやチェコスロヴァキア国家を破壊することで学び、ポーランド、バルト諸国、ベラルーシ、ウクライナ、ソ連西部地区でより大規模に実行した、というわけですね。これがホロコーストと呼ばれるものの骨幹です。 そして、これが「ブラックアース」という本の趣旨です。←これさえわかればもうこの本は読まなくてもいいかもしれん