adolf45d.com
ハンガリー・クロアチア旅行記(終) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
今日と明日とは帰国するだけで終わりだ。全日程を終えた。明日の朝に成田に着く予定、、 帰りもポーランド航空ワルシャワ経由なんだが、不安なのはトランスファーが例によって短く、行きよりはましだがそれでも50分である。。。行に全力疾走を強いられたことを思えば、10分余裕があるんだからせめて早歩きぐらいで乗れるかな? しかし、それは完全な誤りであった、、、 定刻1200発のワルシャワ行の飛行機、、、待てど暮らせどなかなか皆さんを機内へご案内しないのだ。どうなっとるの? ついに1200を過ぎても誰も来ない。客はいっぱいいるけどみんな「おかしいなあ」という顔をはしてるけど、スタッフがどこにもいないんだから文句のつけようもない。なので遅れる理由の説明もなし。館内放送らしきものも皆無。 これだけは言いたくなかったけど、日本じゃ考えられないことだ、、、飛行機が遅れるのに謝罪も説明も全くないなんて、、、、共産圏クオリティ極まれりである。。。これには呆れ果てました。おれの不安がわかるだろうか? だたでさえトランスファーが短いのに遅れる、、、しかも何分遅れるんだかもわからない。説明がないんだから。果たして本当に飛ぶのか? おれ帰国後即仕事なんだけど。飛ばないなんてことがあったらクソやばい。なにしろおれは実家に帰っていることになっているんだから、、、、 不安と恐怖にたっぷり怯え、結局飛行機が飛んだのは12時45分!トランスファーが50分しかないのに、45分遅れやがったのである! 信じられない! しかも謝罪も遅れた理由の説明も全くなし。最後まで何もなかった、、、クソである。これはマジでクソだと思った。異文化だから仕方ないとかそんなレベルは超えていると思う。 どうもポーランド航空は遅れることで有名らしく、成田の係員が「大丈夫です、、、遅れなければ」としかめっ面で付け足した理由もわかろうというもの。 というわけで、安いのは確かなんですがポーランド航空はやめたほうが良いとアドバイスしておきます。