adolf45d.com
こだわるべき道具 眼鏡編 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
眼鏡くんといえば一昔前のがり勉(死語)の童貞野郎を意味する侮蔑語であった。 昔、日本で流通していた眼鏡はデザイン面がパッとしない上、医師の処方箋を貰って専門店で買う医療補助具としての役割がメインであり、値段もたいそう高く、昔はメガネは貴金属としての扱いを受けていた。 しかし、時代は変わり、眼鏡はオシャレの道具となった。というのも、値段が安くなったうえに、医師の処方箋がなくてもお店ですぐに検眼して最適な度数の眼鏡をその場で購入することが可能となった。 これはいつからだったのかはよく知らないのだが、昔(24~25歳頃かな?)おれは眼鏡店で仕事していたことがあるんだけど、それはスリープライス眼鏡という売り方をしていて、4000~8000円で、フレーム+レンズ+ケース、眼鏡ふきまでセットになった眼鏡の販売形態で、レンズもフレームも自社ブランドで安い割に、ちゃんと検眼もしてくれる上、自社ブランドという強みを活かしてその場で加工し、購入後30分でお渡しできるという販売形態である(以後安売り眼鏡と呼ぶ)。 こう書くとブラック臭がプンプンするだろうと思う。客にとって便利ということは、だいたい職員はすごく大変なおもいをしている場合が多いのである。まあ、それは否定できないのだが、安く速くてまあ普通に使えるということで、眼鏡界の牛丼チェーンのような会社であった。 まあ、そんなことはいいのだが、おれは右目と左目が視力にすごく差があって、これは「不同視」と呼ばれるものなのだが、これは眼鏡の度数合わせがとても難しいのだ。おれも眼鏡をかけると頭がくらくらするので長らく敬遠していたが、この職場で検眼を勉強して「練習しま~つ」などといえば、自分で自分の視力を何度でも計測することができたので、おれは何度も自分の視力を計測し、自分の最適な度数を漸く知ることができた。