adolf45d.com
トランプショック | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
たまげたな~~。。UKのEU離脱と同じかそれ以上に驚いたな、、 両事件が同じ年であったということは確実に歴史に刻まれるであろう。 民主主義というのは機能していればしているほど、中庸に傾くもので、当たり障りのない面白くもなんともないこと言ってるパッとしない無難なやつが選挙に勝ってしまうものだ。 アメリカの既成秩序への反感は、我々の想像を超えていたということなのか。 トランプはあまりにも無茶すぎる政策をぶち上げ、本当にやる気あるのか??と疑問だし、根っこのところでは何考えているのか全然わからない政治家だ。正直この人が大統領になれるとは考えてもいなかったのであんまり興味なかったんだが、少し本腰入れてお勉強してみたい。 それはそうと、フランス極右政党のルペン党首が来年にもフランス大統領選挙に立候補するという話を聞いたのだが、これは俄然追い風となるであろう。19世紀と20世紀を引っ張ってきたアングロサクソン2大国家が、「愛も融和も無理でした。ちょっと一休みして国内をWASP(ググってね)だけで立て直していいですか(^-^;」と言ってしまったのであるから、フランスだけが常に例外であるとは言えなくなってきた。一番イスラム過激派のテロと移民対策に苦しんできた国だけあて、フランス革命の聖地、偉大なるフランスもアメリカ、イギリスに続く可能性は十分にある。 トランプを批判するのは筋違いだ。奴は国民の支持を受けて100パー合法的に正々堂々と選挙で勝ったのだから。批判するならアメリカ国民を批判するべきである。これほどマスコミに総スカンを食らって勝つのだから、これはかなりすごいことだ。稀に見る大衆運動の結果と言える。マスコミの力はもはや張り子の虎ということだ。股開く相手には適さないと思われる。 というか、政治なんか興味ないしぃ~という人にも聞いてほしいのだが、文化レベルでも変化が起こるかもしれないのだ。あらゆる差別に反対!人類愛!民族融和!何でも話し合い!共存共栄!という価値観で僕らはずっと生きてきたのである。これはアングロ2強国家が、我々を卑屈な満足に落としこんで飼い慣らすために長年刷り込んできたプロパガンダだったのかもしれない。もし、そうだったとしたら、旗振り役の2強国が、「民族融和なんか無理だよ(^^; んなもん絵空事だって本当はみんな知ってるんだろ(^^