adolf45d.com
シベリア出征日記ー松尾勝造 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
最近はモノホン日本兵の従軍記にはまっている。と、こう書くとお客さんは大岡昇平を勧めてくるんだけど、ああいうのではなくて、もっと実際的な記録が読みたいのである。その点、この本は異常なまでに日本人的な神経質さ、カメラと日記帳を愛する記録したがりの国民性というやつを遺憾なく発揮した、世界に恥じぬ従軍記である。強くオススメしたい。 今日は長くなると思うんだけど、勘弁してくれ。語りたいことがあまりに多いのだ。おれがいま最もハマっている時代がロシア革命なのだが、その衝撃から70000人以上もの兵隊をウラジオストク〜シベリア〜バイカル湖西岸にまで派遣した勇気ある国があった。それが我がニッポンである。 ちょうど百年前、日本はロシア革命の混乱に乗じて、満州の周辺に広がるシベリアを領土として傀儡国家を作ろうとしたが失敗。この時代、日本は満州、朝鮮をロシアや中国から守り、それが国防になるのだという考えに取り憑かれていた。まあ、それはあながち間違いではなかったが、いつしか自衛の本能は、諸外国に領土的野心であると見抜かれた。ロシア革命後に革命軍と反革命軍との熾烈な内戦が戦われたのだが、反革命軍は敗戦に次ぐ敗戦で歴史の表舞台から姿を消し、当時は過激派のテロリストと思われていた(ちょうど今のイスラム国のように)、レーニン率いるボリシェビキ党が広いロシアを掌握した。 日本はそれを認めきれず、趨勢が決まってもなお数万の軍をシベリアに駐留させたので、諸外国からは批判を受け、何の戦果もないまま撤兵せざるを得なくなる。当時の額で10億円もの戦費を浪費し、多数の戦死者を出したが、ただ単に世界中から叩かれただけで終わったという、日本にとってはなんの益もない戦争であった。 しかし、私はあえて言うのだが、このキチガイの共産主義者どもと戦うために、理想に燃えた兵士たちもいたことは間違いなかろう。こう書くと、「シベリア出兵の頃の日本兵はみんな士気が低くてぇ〜」などと、ウィキペディアに書いてある程度のことをドヤ顔で言い放つやつが必ずおるのだが、今、イスラム国と戦争している有志連合の兵士たちに同じことが言えるだろうか? 7万人全部やる気がなかったと断言するその根拠はなんなの? 教科書に書いてるから、とかだせえ理由ではないことを祈るよ。