adolf45d.com
クリスピン・クローヴァーの「ビッグ・スライドショウ」 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
カナザワ映画祭で、最後の土曜日の夜に上映された、クリスピン・クローヴァー氏の「ビッグ・スライドショウ」だが、これは難解なイベントで、開催前には「一体何が行われるのだろう??」と、いまいち全体像が見えずにいた。これは全三部作らしく、カナザワ映画祭で上映されるのはそのうち二作のみで、三作目はまだ完成していないのだという。 そもそも、おれが今回参加できるのは、2作目の「It's Fine! Everything is Fine!」という、ポリオによる小児麻痺に苦しむスティーブン・C ・スチュアート氏脚本の、第二作目のみである。翌日の日曜日に三部作の一作目、「What is it?」が上映されるらしいのだが、これはスケジュールの都合で観ることはできなかった。 三部作のうち、いきなり二作目を観て、しかもそれで帰らなきゃならない?それで楽しめるの?と少し危惧したが、三部作の各作品にストーリー上の関連はまったくないらしく、二作目はクリスピン・グローヴァー氏によれば人生最高の一作ということなんで期待して観に行った。 おれはこの直前、金沢の海の幸を堪能しつつ、既にいいあんばいに酔っていたのだが、列に何度も並びなおされたり、「写真撮影を禁止します、携帯の電源を切ってください」と繰りかえされる館内のアナウンスを聞いて、その不穏な気配を前にいつしか酔いは醒めていた。 真っ暗な館内にクリスピン・グローヴァー氏が現れると、スライドショウが始めまった。 そのスライドは文字通り難解かつ前衛的で、その奇妙なスライドショウにあわせてグローヴァ―氏のつむぐ不可思議なストーリーが展開される。 全然理解できん。。。その摩訶不思議な空間は、若いころ、インターンで行った沖縄の古い精神病院の患者のアトリエで見つけた、統合失調症患者の日記をおれに思い起こさせた。語りはリアルタイムなわけで、字幕も全然追いついてなかったし、これは理解できる内容ではない。空間の雰囲気に浸れればそれでいんだろうなあ、と早々に諦めた。で、ちょっと眠かったので目を閉じた。 映画が始まりました。「It's Fine! Everything is Fine!」 これは絵はアートだし、ストーリーも意外に理解できる内容で、おもしろかったです。冒頭のババアのギョロ目がいい感じだ。