adolf45d.com
カナザワ映画祭2016ー後記 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
いや~今回は、映画を観る以外にも刺激的なことが色々とあったもんですから、後記として書いておきます。 一昨年カナザワ映画祭行ったときは、滞在も短かったし映画たくさん観てたら金沢を観光する余力も時間もなかったので、今回はちゃんと金沢をひととおり満喫しよう。とりあえず温泉と海産物を頂こうやないか。と思って実は少しスケジュールを緩めにしていたのであります。 そこで、カナザワ映画祭代表の小野寺氏に、会場に着いたら声かけてください、と言われていたものですから、遠慮なく受付でお呼びすると、映画館の中で優先搭乗できるピンバッジを快くくださったので、相変わらず優しいなあこの人と、思っていたのですよ。 で、最近どうですか、と世間話になったので、いやあ、前回食えなかった魚食いたいんすよ。と言ったら、じゃあ、あとで行きましょうか、魚食いに!と言ってくれたんだよねえ、、、びっくりしました。お、おれのようなボンクラにまで……なんと優しいのか、と思いつつとりあえずホテルにチェックインして「ゼイリブ」を観ました。 今回のカナザワ映画祭は、まさに資本主義に喘ぐクズたちに勇気を与えるような映画が意図的にセレクトされていたように思う。「ゼイリブ」もシェパード・フェアリーのグラフィックの元ネタと思われる映画で、大変絵的にオシャレなんだよね。にもかかわらず、ジェニファー・コネリーをおしゃぶりさせてた気持ち悪い黒人、キース・デヴィッドの若かりし頃の本気のプロレスがみれるというバカバカしさも満載で、労働者階級の魂をガッツリ掴む傑作! プロレスのシーンは本当に大爆笑しました。 さて、夜になったので約束通り代表閣下と飲みに行きました。ちかっ!階段登ってすぐの飲み屋です。 「ここは前新鮮なクジラ食わせてくれたんですよ〜」と微笑む代表の目の奥の狂気に怯みつつ、半信半疑で店の中に。 なにこれ?!うまっ! という感じで閣下オススメの海の幸をあっさり1日目で堪能。しょうもない話をしつつ酒もじゃんじゃん進み、多分2時間弱ぐらい普通に飲み。 あれ?おれ映画観にきたんやなかったっけ?と思い、代表オススメの「ロッキーホラーショー」の当日券を購入。ぶらぶらしていたら、代表がまた現れて手招きするのよ。スタッフさんの控え室に通される。すると、そこには、た、高橋ヨシキ氏がおる!