adolf45d.com
カナザワ映画祭から帰還 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
えー。無事カナザワ映画祭の予定の全日程を終え、今新幹線の中でこれを書いております。 まー、なかなかインタリスティングな体験をさせていただきまった。 特筆したいのは、最後の最後! 「期待の新人監督」という、最近の新人監督の意欲作を三つ並べてどれが好き? と観客に問う企画が用意されていたんですけど、これがねえ、一言では語れないの! 二個目に上映された「さいなら、BAD SAMURAI」という、自主映画で借金作った男がただ単に金に苦しみつつオ×ニーばかりしているというストーリーなんだけど、一個目と三個目がなんの変哲も無い、よくある童貞の妄想だったのに対し、二個目は童貞(=落ちこぼれ)の現実を描いていた…………と思うんだよ。 劇中主人公はオ×ニーばかりしていたけど、三作の中で一番オ×ニー臭が少なくて良かったよ!たぶん、三作全部よく似たプロットだと思う人も多いだろうけど、二個目は一個目三個目とはまったく異なる作品だよ。本当にめちゃ苦労したんだな、と現実感が映像から滲み出ていた。これは稀代の大傑作だと思う。しかも、暗くならずに、自分のしょっぱい日常を、自分自信のプライドみたいなものからちょっと距離おいて描いてて、そのおかげでかなり秀逸かつシュールなギャグになってんの。しかもビジュアルの面白さがそれに拍車をかけるのよ。もう本当にこういう人生だったんだろうな、って画面から演技から主人公の声のトーンや冴えないツラから、全部まろび出てるわけですよ。これは良かった。。掛け値なしに素晴らしかったよ。 まあ、今回の新人監督の作品は、不平等な資本主義社会で落ちこぼれた負け犬どもの呻きのような作品ばかりで、こういう高学歴な落ちこぼれって、みんな下手に学があるもんだから、自分がどう足掻いても底辺から抜け出せないと確信してしまっているんだけど、おれから言わせたらそんなもん思い込みだよ。社会にも出てねえ、まだ勝負もしてねえのに、ググった程度の話を鵜呑みにして勝てないと信じこんじまってるだけだ。男はどんなに逃げまくっても腹を据えて戦わなきゃならんときが必ずくる。逃げられなくなる日がいつか来るのだ。