adolf45d.com
独裁者と小さな孫 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
これは本来、戦争映画中央評議会のほうで紹介するべき映画だと思うのだが、「マイクロソフトエクスプレッションウェブ4」とかいうクソソフトがあまりにもクソなので、面倒だからこっちで紹介してしまう。今までに何度も狂ったように必死で書いた文字の群れがデータの渦の中に消え去ってしまった。早い話がすぐオチる。ほんっと使えねえドーグだ。 その点、このWordpressはクソヤ×チン。史上最高の道具だ。まあ、そんなことはどうでも良いので映画の話をしたい。 これは、初見では「本当につまんなくてだるい映画だなあ、オーマイガッ」と思ったものだが、今にしてじわりじわりと余韻がわいてくる、そんな大人な映画だ。 ストーリーはむちゃくちゃ単純で、アホな独裁国家で独裁者などをやりながら孫と戯れていた爺さんだったが、革命が勃発。一転追われる身となる。他の家族を国外へ逃がしたあと、爺さんは国へ残って革命勢力と一戦交えようとするのだが、孫も「ボクも閣下について行くぅ~」とついてくる(笑)。ガキは状況が全然わかっていない。神のような権力を誇るじいさんが、貧民の群れに食われそうになっているだのとは想像だにできない。そりゃそうだ。で、ついて行ってすごく苦労する。そういうお話だ。 舞台設定は架空だし、革命勢力の全体像もなんとなくしかわからない。どうも軍主導のクーデターに民衆や民兵が乗っかっているような構図である。独裁者の私兵であった軍や警察も全部爺さんを裏切り、爺さんは髪を切って汚い服を着て、孫には女装させ(笑)、旅の大道芸人の親子のような装いで民衆の中に隠れ潜む。そうやってかつては弾圧し収奪していた国民の疲れ果てた荒んだ姿を目の当たりにする。複雑な心境のジジイと孫であった。 (まあジジイは敵に囲まれて悲惨な状況にみえるかもしれないが、この映画がそこまで悲惨になっていないのは、逆にジジイの味方をする勢力がほぼいないことだ。シリアのアサドの親衛隊みたいなのがいたら、と想像してみろ! 爺さんは隠れ潜む必要もないし、国中が内戦に晒され、外国に干渉され、とんでもないクソ地獄に陥る。ジイサン派の勢力が全然いないがためにこの映画はひたすら平和だ。無血革命か?というぐらい平和。だからこれは戦争映画ではない。だからこれはこのブログで紹介して問題ない)