adolf45d.com
思想 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
最近のイスラム国のテロの不気味さは、必ずしも中央の指令を受けた軍事作戦ではなくなっていることだ。 イスラム国が拡散する憎悪に満ちたプロパガンダに影響され、独自に決行を思い立ち、独自の計画で実行した「自主的ムジャヒディン」と思われることである。 思想の怖さはまさにここである。だから怖いんだ。 イスラム国は「誰でもいいんです。どんな方法でもいいんです。派手に暴れて異教徒を吊るしてください。それが敵には見せしめになり、賛同者には宣伝になるんです」というスタンス。テロの正しいスタンスだ。 賛同者というのは、結局のところ暴力性を持て余した貧困層のイスラム教徒の若者。 若いうちは世の中を単純にしかとらえられず、すぐに極端な過激思想に至る。 貧困層は必ず被差別対象となり、不平等への不満と共に憎悪は生きているだけで勝手に膨らむ。 そしてイスラム教。 皆がイスラム教は穏健な平和な宗教で、テロとは無関係、とコーランを読んだこともないくせに言うのだが、我々がそのようにしてコーランを都合の良い解釈をするのと同様に、過激派も都合の良いように逆の解釈をしているだけだ。 確かにコーランには武器を持たない人を殺すなかれ、と書いてはいるが、逆に異教徒の首をはねるか誘拐して身代金を要求すべし、とも書いている。こう書くと、彼らは「人」はムスリムであって、異教徒は「人」と解釈していないかもしれないじゃないか。敵対勢力を虫けらやネズミに陥れ、人間性を否定することはテロリズムの第一段階。世界中で見られる基本である。 イスラム教は戦乱の時代に生まれた戦争宗教。雅やかな愛あふれるものではない。敵を叩き潰すためのハンマーである。そうでなければこれほど好戦的な過激派集団は決して生まれない。 こういうと必ずキリスト教の歴史のほうが血みどろで、、、と言う奴がいるんだが、それはそれで否定はしないが、キリスト教とイスラム教の対立にしたてあげようとしているのはその過激派であって、その主張は過激派を後押しするだけだと言っておく。それとも本当のテロリストなのかな(笑)? ホメイニ時代のイスラム革命政権の独裁が続いたイランが好例となる。コーランを厳格に解釈したシャリーア法(イスラム法)が採用された世界最初の国家だ。