adolf45d.com
シュナの旅 思い出深い作品 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
嘘だろ? と思われるかもしれないが、おれは子供のころから「風の谷のナウシカ」が好きであった。特にナウシカのきゃわいさと巨神兵のド迫力に魂を抜かれた口である。だがクソのような田舎小学校にいた時、なんか知らないが「ナウシカが好き」とは言い難いものがあった。なんかそういうことを公言するといじめられる危険があったのである。アニメ好きやオタクは子供のころから粛清の対象で、無秩序な赤色テロルに晒される危険があったので、随分長いことナウシカがお気に入りということを隠していた。 中学生になった頃、ナウシカのアニメを見ていて、なんだか中学生にもなって何度も観るアニメじゃないかもなあ、などとおれは冷めた目線を養っていたのだが、その頃ナウシカに漫画があるということを知った。なんでかというと、兄も秘かにナウシカのファンで、漫画をどこからともなく入手してきて読んでいたので、おれもそのおこぼれにあずかったわけである。にもかかわらず、兄弟でナウシカのことについて語ることはほとんどなかった。しかしコミックの第七巻で、ナウシカが遂に完結した時、七巻を買ってきたのはおれだったんだけど「終わったの? ああ、ついに終わったか。意味わかった? 意味わからんやったやろ?」と兄が訊いてきたのは覚えている。おれは「うん、全然意味わからんやった」と答えたのも覚えている。 漫画版ナウシカはコミックは年に一冊、悪ければ数年休載することも珍しくない、当時は「ベルセルク」並みの未完候補漫画だったのである。しかし、アニメ版の公開が1984年で、その続編なんかスピンオフも含め、ただの一作も発表されていない中、漫画が完結したのは1997年(ごろ)で、今思えば「ナウシカもわりと最近まで連載してたんだよなあ」などと感慨しきりである。まあ最近と言っても20年ぐらい前だが。