adolf45d.com
恋は雨上がりのように リアルなのかオヤジの夢か | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
熱を出して会社を休んだ。そこで急遽漫画を読んだ。 試し読みだけのつもりだったのだが、おもしろかったのでついつい課金して全巻読んでしまった。序盤からぐいぐい引き込まれた。絵も上手だ。 ミステリアスな女子高生が、バイト先の45歳のオジサン店長に恋をするお話である。 こう書くと気持ち悪い話だな、と思うであろうが、なかなか女子高生の心の動きなどが瑞々しく、可愛らしく、かつありえそうな感じに表現されている。 まあ、このリアルさは作者が女性だからだと思うのだが「アンタ若いころにバイト先の店長に惚れてたんやろ?」と問い詰めたくなるほど丁寧に再現されているのである。 バイトはファミレスで、このバイト中の風景や、その他のバイト仲間たちも異常なまでにリアルに再現されており、作者がこの手のバイトを実際に経験していることはほぼ間違いないと請け合える。 この「本当にありそうなカンジ」がこの作品の最大の魅力だと思うが、主役の少女自体は完全に創作の産物というか、魅力がありすぎて非現実的である。しかし、このような偶像をリアルすぎる世界で動かすことによって、十分物語化できるのだなあ、と考えながら読んだ。 特にリアルさを感じるのは、恋役の「店長」。45歳バツイチ、店長6年目、毎日サビ残休み少なしの男。バイトには気を使ってぺこぺこし、客にはクレームつけられてぺこぺこし、とりあえず現実をそっくりそのまま合点してぺこぺこする…… 作品の中ではペコペコしてばかりのださい店長という位置づけで、さえないオーラを遺憾なく噴出しているのだが、この男こそ日本社会においては最も完成された社会人である。私心を捨て、誰にでも頭を下げることができ、長時間労働をものともせず、自分の家のように常に揺るぎなく店に立っている。これがいかにすごいことなのか、どんな社会人にもそれはわかる。子供にだってこの男の魅力は理解できるだろう。 店長のキャラ作りは巧妙で、激務に「やつれて」いるのか太っていないし、禿げてはいないけどストレスなのか十円禿げができている。ファミレスは服装や髪型にうるさい世界である。店長の髪も服も一応はキッチリ整えられている。45歳で見た目がキッチリしているというのは相当なアドバンテージである。