adolf45d.com
国家と民族の総統 ver.4 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
毎年恒例ではありますが、ヒトラーの死亡した4月30日にちなんだこのシリーズも4回目です。この際だから今年もヤケクソでぶっこみたいと思います。 そもそもこのシリーズってなんなんでしょうね。何を主張するシリーズだったのでしょうか。最近はめっきり主張したいこともなくなりました。 さて、そんなことはもういいのだか、今度「帰ってきたヒトラー」が映画化されるだとかで、6月に全国公開されるようです。 もう、私などはこの映画のトレーラーを観ただけで不満爆発です。なんせヒトラーこれだかんね。。 ↓↓ いや、、、 美化しすぎやろ。。。 北朝鮮の偉大なる首領様じゃねえんだからよお。。このキャストで誰も文句を言わないところがすごい。ドイツ人は結局ヒトラーのこと好きなんやろ?そう思わざるを得ないのである。 では、原作小説がどうだったかというとだな。衆愚政治に陥った現代ドイツに、ヒトラーのごとき自信満々な政治指導者が現れたら、また同じ道を何度も辿ることになる。。気をつけよう。という、今更すぎにもほどがあるテーマだ。そんなこたあワイマール共和国時代から何度も言われていることである。 テーマは反ファシズムを謳っているかのようだが、結局この原作小説からしてヒトラーがとてもかっこよく描かれているので、これを面白いとか言ってしまってた人は基本的に危険思想を持っていると断言できる。 まあ、おれはコメディ小説として面白いなあ、なんて言ってしまっていた側の人間だが、おれはナチスの戦争犯罪を偏執的に延々追い続けている人間だということを思い出して欲しい。そんな人間が面白い面白いとゲラゲラ笑っているのだから、少し読む前にかまえて読んでもらいたいのである。