adolf45d.com
「戦争のはらわた」が掲げる普遍性 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
戦争映画を考える際、まったくもって解決不可能な矛盾がある。 それは戦争をかっこよく描くことをどう考えるかである。 意図的にカッコよく描こうとしてかっこよくなることもある。苦労する前線兵士を。勇敢な国民を。偉大な指導者を。 カッコよく描こうというつもりはないけど、結果としてかっこよくなってしまう例もある。前線の様子をリアルに描くと泥まみれで戦う兵士たちの姿は、悲壮感を伴い、時に英雄的にうつるし、大義のために闘うという行為は古今東西のかっこよさの源泉である。たとえテーマが反戦映画であったとしてもである。 ドイツ軍の制服のように、ドイツ軍は悪く描かれているけど制服がかっこよいせいで、ファンが増えてしまうという矛盾も時に生じる。 そう考えた時にやっぱり原点に立ち返って基本の一作を観てみたい。「戦争のはらわた」だ。 これは原題は「Cross of iron」、鉄十字である。鉄十字勲章のことだ。勲章や名誉にまったく興味がない現場指揮官と、勲章が欲しいだけの腰抜け将校の確執を描いた映画だ。 おれはこれは長らくサム・ペキンパーという米国人の監督によって作られた単なる英語の芝居で、ドイツ軍の描写はうまくないと思っていたが、それは誤りである。 この映画には日本語吹き替え版が存在しているという噂や、有志が作ったドイツ語バージョンが存在しているという噂がある。この映画の欠点は「台詞が英語であること」以外は特にない。とても素晴らしい戦争映画で、教科書と言うか見本と言うか、とりあえずこれが嫌いなら戦争映画はもうあんまり観なくて良いと思っている。 と言うわけで褒めちぎっているが、この映画のドイツ軍の内部の描写についてだが、参考になる小説を引き合いに出したい。 「第6軍の心臓」 これは、独ソ戦に従軍した経験のあるH・G・コンザリクの初期戦争小説で、タイトルが物語る通り、スターリングラード攻防戦を描いた小説だ。 1950年代に発表され、その後続いた独ソ戦を描いた小説とあわせ、世界中で大ベストセラーとなった。しかし、邦訳はだいぶ遅れ、1980年代。これは昔古本で100円ぐらいで投げ売られていたのを買ったのだが、けっこう大著なのでだいぶ読むのに時間がかかったのを覚えている。