adolf45d.com
こだわるべき道具 腕時計・ジーパン編 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
おれがなんでドイツ軍趣味を始めたかって軍服が好きだからである。アレはかっこよすぎる。戦後七十年も経つのにまだ東洋人さえ魅了する恐るべき官能。ナチが何かオカルトじみた魔力を持つとしたら、それは間違いなく軍服から立ち昇る香気である。 で、今日はナチの軍服の話をするのかというと、そんなもん今更するか。 何が言いたいかっていうと、おれはもともと洋服やらアクセサリーにやたらこだわる人間である、ということだ。 というか、道具やモノにやたらと愛着を持つのは男の習性だ。何かを集める習性があるのもこれだ。何かを集める個体が集めない個体よりも、より有利に子孫を残したからこそこういった習性が子孫に受け継がれてきたのである。つまり、恥じることではない。今日はおれがこだわりを持つ、かっこよく、なおかつ便利なクールグッズを紹介したい。なお、このコーナーは単なるワタクシの自慢コーナーなので興味がない人は帰るのがよろしいと思う。 ※ワタクシはアンティーク趣味があるので全体的に流れるテーマは19世紀〜20世紀前半である。 ①腕時計 腕時計は漢の基本アイテムである。相棒だ。女にはこれが何故かがわからないようだが、なんでわからないのかが疑問である。これは男にしかわからないものなのだろう。 時間を見るという行為は全ての基本だ。社会人は時間厳守が常識。プライベートでだって時間を常に把握し、厳守するのがデキる漢の嗜みである。また、腕時計は公の場で唯一男が身につけることを許可されるアクセサリーである。ここにこだわるのは男としてトーゼンである。 一時期機械式時計にハマり、持ち前の偏執狂的な性格のために調べに調べ、ミューレグラスヒュッテというドイツの機械式時計を購入。あとはおととしのボーナス全部はたいてロレックスを買った。