adolf45d.com
新年の挨拶 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
新年と言えばおとちだまですね。皆がここぞとばかりに溜め込んだ金を使いまくる祝祭の日でごんす。 結局どいつもこいつも金持ってない金持ってないって貧乏ぶってるくせに本当はたんまり溜め込んでやがるんだろ?!まあ、普段は食べ物やら家賃やら駐車場やら税金やらでオートマチックに金が政府や大企業に吸い取られていってて息苦しくて首も回らないわけで、自分の意志で金を使える数少ない機会なのかも知れん、、 それはそうと、金使っていいよ!贅沢していいよ!と言われた時、バーゲンやってるしでおれは新宿の伊勢丹などに向かい服を買おう、何か高いものを!と勇んで突撃するのだが、おれは値札を見て腰を抜かす。 ジャケット 200000yen(20%オフ) 財布 158000yen(30%オフ) ただのシャツ 28000yen(40%オフ) ズボン47000yen(50%オフ) などといった有様である。なんだこれ。。日本かここ。。で、もれなくこれらに8%加算されるのである。。。 か、買えん、、、何も。。。とおれはうなだれてその場をあとにし、地元の駅に帰ってオリジン弁当などでエビフライをつけるのだが、誰が買ってるの?こういう服たち。 だってマジに普通におれの月の手取りぐらいの金があっという間に飛んでいくではないか。。おれはこれはどういうことなんだろう?と長年疑問だった。ほぼ毎年考えていたと言ってもいい。おれは世に厳然と存在する富裕層だけがこういうのを買っているのだと頭を納得させようとした。 しかし、例えばこんなデザインやで? 129600yen 富裕層といえばジジイやろ?ジジイが着るか?こんなもん。芸能人とかを相手にしておるのかのう。。しかし、それだけで庶民は相手にしないで商売としてなりたつのだろうか?1日の売り上げはどんなもんなんやろうか?アパレル産業の利益の構図は長年謎だったのだ。 ユニクロとかはわかるよ?安い安い服をクソ安く売って、社員を奴隷労働させて人件費を削り利益を引き伸ばす戦略や。基本的な構図は牛丼屋と同じ。わかりやすいからな。 しかし、いわゆるラグジュアリーブランドと、それを小売するいわゆるセレクトショップの構図は謎だ。ビームス、シップス、ビーセカンドなどはまだわかる。あのへんはまだ、、、店員に服かなり買わせてるからな。。売れない分は店員に買わせるという超絶ブラックだ。