adolf45d.com
苦役列車 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ずっと気になっていたタイトルなのだが、小説読むのも面倒だしとりあえず映画を観てみようかとようやく最近観た映画だ。 いわゆるプロレタリアートの最底辺で蠢きもがき苦しむ男のお話だ。家賃一万円の三畳一間の部屋に住まい、力仕事の日雇い労働で日銭を稼ぎ、入った金は全部酒と風俗と煙草に消えるという底辺労働者の営みを活写しつつの青春群像劇のような趣である。 自分で言うのもアレだがおれも若いころは苦労したものである。20代というもっとも華やかなりし時代は労働と貧困と下積みのうちに終わった。何も楽しいことはなかった。辛いだけの日々であった。本当の貧困の味を知った。こう言っちゃアレだが、この豊かな日本で当たり前に暮らしていたらそうそうここまでの極貧状態に追い込まれることはあるまい。また貧乏自慢がはじまるとアレなので、今度昔のコラムでもアップしようかと思うが、そんなワタクシから言わせればこの映画の主人公の男は激甘納豆である。 まあ、特別に階級闘争を描きたかったわけではないと思うし、世の中に対する恨みつらみもほとんど感じられなかったが、この映画の見せ方では(小説は未読なので知らないので言及しない)主人公に同情することは難しい。この主人公は不遇の家庭環境、父親が性犯罪者というスティグマがあるわけだが、まずここがよくないと思ってしまった。設定に文句つけるのは大変失礼だが、この設定では客の共感を得られにくいと思う。特殊な設定だもんな。普通の中産階級で特に家庭に問題のない者が、大学まで出たけれどゼンショーにでも就職して殺されかかるという話のほうが身近な恐怖としては圧倒的に上だろう。父親が犯罪者で、自分は日雇い労働者。時代が少し古いから労働のあり方もなんだか今と違うのだよね。日本が一番景気が良かったはずの時代だし、この苦役を逃れようと思えば酒と煙草と風俗通いをやめればいいだけではないか?そう思ってしまうのでこれはなかなか苦役というには言葉が過ぎると思ってしまった。 風俗行く金があるんなら十分幸せだろ……おれの場合、そんな金はどこにもなかった。率直に自分のタールのごとく黒い青春時代と比較してそう思ってしまった。友達も結局いるし。女友達もできて甘酸っぱいアレコレも色々とあるわけで。十分主人公は楽しそうである。イベントも色々起こるしバラエティ豊富な毎日だ。おれの目から言わせればこの主人公は十分リア充だ。