adolf45d.com
暗黒の国インド | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ジプシーの歴史を調べていたら、インドのアンタッチャブル(不可触賤民)の闇に興味が出た。 けっこう前から興味があるアレコレではあったが、インドってやばい国だな。。 こんな国に12億人も人がいるのかと思うと、うんざりしてくる。インドという国と歴史がそもそも失敗なんじゃないかと思えてくる。もうお取り潰しにでもしたらどうだろうか?本当に最悪である。 なんでジプシーからインドなのかと言えば、ジプシーという流浪の民の中にはいろいろと分類があって、欧州で最多を誇るのはいわゆる「ロマ族」である。ロマ族は北インドのカースト外のアンタッチャブルが起源とされ、どうやらインドでのすさまじい迫害から逃れてきた民族の末裔ということらしい。違っていたらすまん。興味がある人はウィキペディアでものぞいてみてくれ。 インドカーストでは僧、軍人、平民、奴隷の4階層があるが、奴隷よりさらに下がアンタッチャブルである。彼らは総じて肌が黒く、汚い仕事をやらされ、触ることも見ることも忌まわしいとされ、古来より人間扱いされず、ひどい迫害を受けてきたようである。 その迫害から逃れて欧州、主に東欧やバルカンに移住し、流浪しつつ歌や踊りで生計を立て、時にはというかしょっちゅうスリや盗みを働き、どうにかこうにか生活しているようだ。公衆衛生の観念から見ても進歩的なアーリア人種はこの手のロマ族を薄汚い賤民とみなし、ユダヤ人同様に排除しようとしたわけであるが、ユダヤ人ほどには政治力を持たぬロマは、第三帝国の犯罪に対して保証を求めることもできず、赤ん坊を殺された母親が10ドルもらった程度の例がわずかにあるのみだという。ひどすぎる話である。 この写真見ているだけでも色々と示唆されるわな。進歩的なドイツ警察の軍服を着た警官に囲まれる浅黒い肌のロマ族だ。確かに西アジア的風貌で、背が低く栄養不良で不潔行為や不法侵入や窃盗などを行っていたのはおそらく本当だろう。しかも現代においてもそれはあまり変わっていないようなのだ。。。 ジプシーのホロコーストを「ポライモス」というそうで、おれの手元にはけっこう胸の悪くなる感じのドイツの医学実験に供されたジプシーのお話が書いた本があるが、体系立てて学んだことはそういえばないな、と思い、こないだ本屋で見かけたジプシーの迫害に関する本を買ってしまったので読んでいこうと思う。