adolf45d.com
ミヒャエル・ハネケ 初期作品集 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
とある知人からお借りしたので、再観賞しました。ミヒャエル・ハネケの初期作品集です。 おいそれと巨匠の作品をおとすことはできないが、この三作品ははっきり言って超絶退屈なダルねむ映画だ。しかし、ハネケの初期衝動とでも言うべき、「おれっちはこういうことが言いたいんだよね!」というアレコレが右ストレートで繰り出される感じ。ハネケの他作品をみて、「ハネケたんって何考えてるんだろう・・・?」と思った方はとりあえずチェキるべきなのは言うまでもない。 この三作は三部作として同時に語られることが多いらしいのだが、別に一気に観なきゃならないわけでもなく、相互の関係は特にない。 一作目、ハネケのデビュー作である「セブンスコンチネント」。 これは三作の中でも一番ダルい映画だ。おれも何度も早送りした。特に問題のない普通に生きている(ようにみえる)家族が、普通に生活してる様子を延々みせられるだけ、ドラマもなければ起伏もなし。悪しき欧州無声映画の如く、ひどく寡黙な映画である。音楽をほぼ使わないところもこのころからだ。カメラは、一見普通だが楽しくもなんともなさそうに生活する一家を淡々と追う。そして不意に仕事をやめる父親。オーストラリアに移住すると全財産を銀行から引き出し、家に帰って家財一式を破壊。金を切り刻んでトイレに流し、クスリを大量に飲んで一家心中する。でもテレビは壊さないで最後まで観ている。謎だ。唯一残ったテレビが、ハネケの心理を解明する謎解きのカギのように思うが、おれとしてはイマイチ自信がないので何も言わないでおく。物質消費社会の象徴たるテレビを、なぜ壊さなかった?他はなんで壊したのだ?あなたはわかるか(笑)。 二作目、「ベニーズビデオ」。 これは三作の中では一番キャッチ―な作品。話もわかりやすい。でもまだまだとてもダルい映画だ。