adolf45d.com
卑怯者の島 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
これはおもしろい! 著者は何かと悪評が漂う小林よしのり氏だ。 これは氏の雑誌「わしズム」とかいうのでひっそり連載されていて、昔、おれはたまたまそれを立ち読みしたことがあったのだが、「んだよ、ウダウダ言ってないでこういうのできるんならもっとやればいいのに…」と思ったものであった。 氏はいわゆるネトウヨの教祖的人物である。大学生の時、友人の部屋で「戦争論2」を読んで、一時的ではあったがおれも即席の愛国者となって、同じような考えの人々と国を憂うごっこをしたものだった。 しかし時が経つにつれ、人々のリテラシーは単純となり、氏の主張をさらに過激化した思想が、結局のところレイシズムに帰結したのを見て、おそらく教祖も「こりゃいかん」と思ったのかもしれない。最近発表する時事放談は幾分過激さを潜めた「反米保守」であり、ネトウヨを批判する姿も頻繁に目にするように思う。ネトウヨを生んだのは自分であるとの反省は、絶対この人は持っていると思う。そこでイデオロギーを主張することの難しさを改めて学んだことだろう。 …というのはワタシの妄想で、これは無視して頂くとして、この作品はそういうのは抜きにしてとりあえず読んでみてほしい。 冷徹かつ情け容赦ない戦場の描写は、まさしく「プライベートライアン以降の戦争映画」だ。これは漫画だが、ほぼ映画である。ま、というのは言い過ぎか?しかしとりあえずこれは「野火」に続くイカれ戦争映画ということで映画化を努力するべきである。戦後80年ぐらいのあたりでどうでしょうか。なんか作者が大物だし著作権をクリアするのがムズそうだが是非やってほしい。 これは日本が絶望的な抗戦を強いられた南方戦線での米軍との殺し合いを描いた漫画だ。ペリリュー島をモデルにしたというが、エピソードを無理に踏襲しているわけではないようだ。オリジナルストーリーである。派手な殺し合いは最初だけで、あとは洞窟にこもってひたすら飢餓と死の恐怖、堂々巡りの観念と闘う。そして最終的には、、、、