adolf45d.com
「石の花」と無法地帯 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
国家が斃れると無政府状態になる。当たり前のようだがなぜだろうか? 国家は暴力を行使する唯一の権限を持っており、何者かが暴力をふるって国民が被害を受ければその暴力を勝手に振るったクソッタレを国家がじきじきに暴力によって叩きつぶす。 警察や軍隊以外に暴力装置がないのが正常な秩序ある社会といえる。 しかしとある国には警察・軍以外にも暴力を振るうための組織が存在していることがある。 それらはしばしば民兵・自警団・ゲリラ・傭兵・ヤクザなどと呼ばれる。 国家はそれら私設暴力組織を完全には制御できないことが多い。 それどころかしばしば完全にコントロールを失う。 理由は様々だがこういう状況に陥れば秩序は失われ無法地帯と呼ばれる。 ひとたび無法地帯に陥れば女は犯され子供は拉致され老人は殺され家には火を放たれる。 「石の花」 第二次大戦中のユーゴスラビアもこのような状態に陥った。 「石の花」は坂口尚の20年以上前のコミックだ。異常なまでに完成度の高い戦争ドラマに仕上がっているが、それでいて国家社会主義哲学をこれ以上ないぐらい深く吟味した奇書である。こんなことをした人は他にいない。 おれは100回ぐらい読んでいる、この作品の大ファンなのでまたひいきした紹介になるのは許していただきたい。 ストーリーは、ナチスドイツがユーゴスラビアに侵攻した1941年4月から始まる。旧態依然としたユーゴ軍は革命的なドイツ軍の戦略の前にあっという間に壊滅。たった7日間で首都ベオグラードが陥落。 しかし物語はここから始まり、ドイツ軍によって村を焼かれた少年はパルチザンに加入し、武装親衛隊を戦力の中心にすえたドイツ軍との死闘を繰り広げることになる・・。 こう書くと派手などんぱちものに思えるかもしれないが、実際は非常に地味にして過酷、うんざりするほどの厭戦気分を味わえる。どこをどう切り取ってもパルチザン側に華々しい勝利は一切訪れず、捕虜をとらぬ徹底的な殺人哲学で心身を武装したSS装甲師団に蹂躙される姿がしつこいぐらい描かれている。不正規戦がいかに過酷か思い知ることができるのである。