adolf45d.com
トーキョー・トライブ 国の恥映画 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
園子音の新作映画。国辱級のゴミ映画である。有名になったからと言ってこんな映画作っちゃだめだよな。 まあ、我が人生ワースト10に入る映画に「愛のむきだし」だの「BAD FILM」だのといった映画があったのだが、偶然にも同じ監督だね!「地獄でなぜ悪い」というのもあったがアレも嫌い。うん、おれこの監督嫌いだわ。やっとはっきりそう言えるよ。 「冷たい熱帯魚」はかなり好きなんであまり悪く言いたくなかったのだが、この「トーキョー・トライブ」はうんこ映画である。いや、この映画とうんことどっちを食えと言われたらおれはうんこを食ってしまうかもしれん。。それぐらいつまらないしムカつく映画だ。伝わるだろうか? 原作はまったく知らん。この映画観たって原作チェキろうとはケ×の穴のシワ一本として思えない。マジでクソである。 何がそんなにアレなのかというと、ラップがうざい。ラップがかかりまくる。おれはそもそも日本人ラップがすごく嫌いなのだ。大学生の頃から嫌いだから筋金入りだ。人生をかけて日本人ラッパーをヘイトしてきたといってもいいかもしれん。 これはド下手くそなセンスの欠片もない即席のダサラップがえんえんかかり続けるミュージカル映画だ。もう勘弁してほしい、、と30分ぐらいで真剣に観るのをやめようかと思った。クソつまらない駄洒落をえんえん聞かされまくる。 プロがやれば、おれもそこそこかっこいいかも?なんて思ったこともあることを告白するが、これはマジでクソ下手くそである。しかもダサい。 また、登場人物が多すぎる上にどいつもこいつも男も女もめちゃくちゃムカつく。ファッションから喋り方から行動から何もしてなくてもツラみてるだけで立ってるだけでムカつくという有様。感情移入できない度では文句なしにマックスである。 アクションもダサい。この監督の格闘シーンはクセがありすぎてもう飽きた。全然進歩がないところもすごい。日曜の朝やってる戦隊モノみたいなダサさである。某パンチラ格闘ゲームの影響受けすぎだろう。女キャラが大立ち回りするところもわかったわかったと早送りしたくなる。あらゆる意味でオタクくさくてかっこよいと到底いえないアクションである。なんでオタクがラップ映画作るの?