adolf45d.com
セッション あちら側の二人のお話 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
いやいや!これは面白いでしょ?! なんかこの映画色々賛否両論だと聞いた。 少なくとも劇場で観ていてこんな楽しい気持ちになったのは久しぶりだったので、おれとしてはかなりの高評価ですわよ。 ストーリーはもう有名だし割愛する(笑)。 フニャマラのドー×ー小僧が、ハゲ頭の巨匠フレッチャー教授に見出され、死ぬ思いで太鼓の練習をしまくる、、というだけだ。手から血が出るぐらい練習しまくる。フレッチャー教授はドS丸出しでこのフニャマラをしごきまくる。 教授は超一流の奏者を育て上げるために信念を持ってボロクソシゴくわけだが、フニャマラは厳しい訓練に次第に正気を失っていく。。 やっぱりどう考えてもこの映画を観ていて思い出すのは「フルメタルジャケット」だよねえ、、、 ハートマン軍曹、、ほどとは到底言えないにしても、格調高い一流の音楽学校でこんなおしゃべりの汚いハゲ頭がいるなんて困っちゃうよねえ。。。 このハゲ頭に現実味がないとは思わない。音楽の世界ってけっこう厳しいみたいょ。。高校のブラスバンドレベルでも、セッションしてて周りとあってない奴はボロクソ皆の前でコケにされるらしいの! 音楽にしても、おれもヘヴィロックとかメタルが好きだからねえ。。速さ=正義という観念が刷り込まれて久しい。ジャズがあんなにスピードにこだわるなんて、現実味があるかは謎だが、フニャマラ小僧の壮絶な練習風景には圧倒されちまった、、、もうドラムやりまくりのめりこみまくりで、あっち側にいっちゃって戻ってこれなくなっちゃった感じがクールだった。彼岸の彼方に旅立っちまって、、 ここまで自分の才能にのめり込む時間と環境があったなんで、、本当に幸せな人生だ。ちょっとノロマだが、腐らずその環境に全力投球する姿も好感が持てる。日本のクソ大学生とは大違いだ。 この少年は、音楽以外何一つ取り柄がない男だ。友達いないし。ドラムの練習のためにせっかくひっかけたヤリ×ンともすぐ別れる。うっかりした性格でここぞというところで大ポカばかりしている。自業自得。そう思うしかないシーンもある。 だがな、、だからこそこいつには音楽しかないんだよ!微笑みデブに狙撃しか残らなかったように!奴も頭はもう狂ってたけど、死ぬ直前は最強の殺人マシーンになっていたの!