adolf45d.com
下層 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
「死亡に関与」複数ほのめかす=18歳女性遺体―千葉県警 これまた痛いですなあ、、、 絵に描いたようなクズの犯行ですなあ。 殺された女の子も女の子でなんだか金に余裕がなかったようである。 犯罪は結局貧困がもたらすことが多いんだよなあ。 生まれが悪かったと言えばそれまでである。 しかし、いかに貧しい家に生まれようと、抜け出すチャンスはあったはずなのだ。 でもそういうのって、わかっていてもいかんともしがたい。 不幸な事件である。 よくこういった犯罪が起こった時に、犯人の生来の性格や性癖や気性をやり玉に挙げるが、結局人を犯罪に駆り立てるものは貧困だ。 政治家の息子が鉄筋工のガキ従えてレンタカーで女の子を拉致してリンチして生きたまま埋めたりはしねえだろう? 聞いたこともないわ。 貧困なんだ。貧困のなせる業よ。 またおれの田舎の話だけど、北九州の山奥でねえ。田舎というのさえおこがましい貧困地帯であった。 ちょっと奥行けばスラムがあったよね。 汚いバラックが立ち並ぶ治安の悪い地域が。 子供はたくさんいたが、片親が多かった。 父親はいても昼間から飲んだくれていた。 母親はいても野草やタケノコ、木の実を拾ってばかりいた。 ファミコンなんか見たこともない、貧しい子供たちだった。 いつも同じ服を着て、泥まみれで外で遊んでいた。 当たり前に万引きとかしていたし、自動販売機を見かけたら一つ一つ律儀につり銭口に手を突っ込んで、10円玉や50円玉の忘れ物がないか調べていた。 で、よく悪がき同士で放課後集まって、気に食わないやつを自分たちで作り上げては「ぶっ殺す!ぶっ殺す!」と息巻いていた。 小学6年になるころには、先に中学に上がった悪ガキに憧れて、ボンタンはいたりメリケンサックを持って歩き回っていた。 へし折った木のバットを、短刀で自分で削って、短い木刀のようなものを作って、いつも持ち歩いていた。 バカバカしい。はったりだ。見せかけだけだよ。本当に喧嘩する度胸なんかない。 みな、お互いにそう言っていた。で、しばしば本当に喧嘩していたのに、「おいつら××ナシの腰抜けだ」とお互い罵っていた。