adolf45d.com
「アシュラ」と無法地帯 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
途方もない飢餓・・かつて日本は天災の影響でたびたび深刻な飢餓に襲われた。その度民は飢えて膨大な数死んだが、権力者は民から食糧をぶんどり生きながらえる。古くから変わらない世界の仕組みの一つだ。 ※昔書いた書評の復旧 この日本のとんでもない飢餓を迫真の物語にしたて、少年誌に載せちまった男がいる。 ジョージ・秋山だ。「アシュラ」である。 当時はマルクス主義が知的階級でブームであったから、こういうとんでもない貧困相と超大金持ちを比較して世相を憂うという話は人気があった。しかしこれはその中でもひときわ陰惨にして残虐、手加減無用で生々しく、もはや普通誰もがやる「遠慮」というものがない。 舞台は平安時代くらいと思われる日本。異常なほどの日照りが続き、食べ物は朽ち果て水は枯れ果て、貧しい人間は全滅。その死肉を鴉と山犬が貪り食う大変素敵な時代である。しかも鴉や山犬だけならよかったが、結局のところ、人間は食い物がなくなったら人間を喰らうものだという諦めというか達観というか、そういうモラルのタブーというか、人間に対する希望というか期待というか、願望すら塵一つ持っていない作者が描いているので、一切手加減のないハードコアな世界を描写することに成功している。 「善人は極楽に、悪人は地獄へ行くと言う。そんなものは迷信だ。生きているうちが地獄だ。」 そんな中、人間を躊躇なく食い殺しながら生きながらえる狂女に産み落とされ、飢えた挙句母親に焼いて食われそうになった赤子が主人公である。 福祉のふの字すらない時代。全身大火傷で泣きわめいているのに、助けてくれるどころか、「うるさいなあ」とか言われてほったらかし。ほったらかしならまだいいが(?)、リンチされて死にかける。しかしそれでもこの名前もない、自分が人間だということすら誰にも教えてもらえぬこの子供は生きて成長していく。躊躇なく人肉を喰らい、人間を見れば食料だと思って襲い掛かる。そんな修羅のごとく育つのだ。 この物語はしょっちゅう「生まれてこないほうがよかったのに」というモノローグが入るのだが、これは仏教の「生きることはひたすらツライ」という思想が物語の土台にあるからだと思う。これを少年誌でやってまう当時のパンクアチチュードにひたすら感動することしきり。