adolf45d.com
大山くん(完全版) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
もう覚えてないぐらい大昔に書いたネタ話。今思えばボクのお友達シリーズの第一弾だ。 ボクのお友達の大山君について話そう。 彼は医療大学卒にも関わらず、何も考えずにファミレスに就職した命知らずのガイである。ファミレスと言えばおれも経験があるのだが、それは最も知能も経験も技能も何も無い奴らが流れ着く現代日本の秘境である。それは別名地獄とも呼ばれる。おおよそ普通の人間が生きていける場所ではないのである。 そこは時計が一回りするぐらいは当たり前、月の休みは3日、4日というのは当たり前、残業代が出ないのも当たり前、周囲のアルバイトは中卒、高卒が当たり前、職場いじめは当たり前、ノリは体育会系でジョックス野郎が幅を利かし、面接すれば誰でも採用が当たり前、1年モてば相当タフだと言われてしまうような、北朝鮮も真っ青の地獄である。 この手の水商売は何時まで仕事すればあがり~というものがない。店が落ち着けば帰れるという寸法だが、社員たるもの12時間以内に帰れば下のバイトから「あの社員は頼りにならない」と突き上げられ、上からは「さぼってやがる」と評価を下げられる。その挙句が毎日16時間拘束と云う修羅場を生み出し、鬱病になるもの、自殺するもの、失踪するものが後を絶たないのである。妙に詳しいなって?おれも社員としてファミレスにいたからね。半年で辞めたけど。地獄みたいだったよ。。周りの社員はどんどん辞めていくし、行方不明になったり鬱病になって消えたり泣きながら「もう嫌です!」って電話がかかってきたり、普通じゃなかったね。だからこそそのような職場で戦い続ける大山君はおれにとって尊敬の対象であり、目標でもある。