adolf45d.com
"ザ・テロリスト"ほとばしるクズへの愛 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
2010年のドイツ・カナダ映画。言葉は英語だ。 僕たちのダメ映画家、ウーヴェ・ボル監督作品。最近社会派映画に目覚めたのか、これもそんな感じである。 ボルの映画ってほんとに素人くさいんだよなあ。でも熱意はすっごく伝わってくるんだわ。いつもいつもなんらかのやる気は伝わってくる。社会に何かぶちまけたいという思いが!ほとばしる熱情が!まあいつも空回りしていることは否めないが、これはまあまあみれる作品だった。 過去には「熱砂の虐殺」やアウシュビッツをテーマにした映画を撮っている。できばえもほんと両極端。ほんと不安定の権化のようなアホドイツ人監督である。 今作の主人公は親離れできない23歳のブルーカラーのダメ男。末端でクソみたいな仕事しながら社会憎悪を膨らませている。スーパーフライ級のしょうもない理由で大爆発し、街に出てってリアルポスタルを始めてしまうというシンプル極まりない映画だ。 ダメなテロリストである。共産主義でもイスラム原理主義でもない。 単なる加藤である。 しかし舞台は銃社会アメリカ。加藤は加藤でもマシンガン持った加藤は嫌である。しかもどういうわけか首都警特機隊のようなアーマーを身にまとっており、サツの弾は全部弾き返してしまうというチートモード。 いや、わかるよ。おれも年収200万以下のくそ貧乏時代があったし、そのころは世の中の全てが憎かったものだ。典型的な負け犬。昔の自分を見ているかのようだったし、当時はおれもこういうことしたかったよ。ボルもこういうキャラに共感してしまっているように思える。彼も昔苦労したのかもしれん。 でも「テロリスト」って邦題はおかしくねえか?原題も「Rampage」だしな。テロってのは政治的な目的を暴力で達成しようとする行為のことだ。この犯人はダメ人間で社会に適応できなくて大虐殺を始めるが、根幹はコロンバイン高校銃乱射事件のような話だと思う。あれはテロか?違うだろう。秋葉原の加藤はテロか?違うだろう。社会不適合者が社会に復讐するという構図は普遍的なものだと思うし、それをテロと呼ぶことは今までもこれからもないと思う。これは津山三十人殺しの海外版だといえる。あれはテロか?ちゃうやろ。何の主張もない革命家であります(笑)。