adolf45d.com
美大生芸大生 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
※2012年2月12日日記復旧分 何年か前に東京都現代美術館というところに行って、展示会を観ていた。当時現代アートが何故かマイブームでわけのわからない絵だか作品だかを相当数ながめていた。むやみに広い美術館で全ての展示を観ようとしたら半端ではない時間がかかるのだ。数百点とは言わないおかしな絵とかオブジェクトが並んでいて、これはめんどくせえなと思ってしまった。 まあ芸術のいろはも全くないおれとしては、何がすごいのかすごくないのかも全然わからないわけだよね。そんな全くわけわからない作品を何百も見せられて心底イヤになった覚えがあります。見慣れてくると特に感動もねえし。いっぱいありすぎるし広すぎるから一つ一つの作品をじっくり眺める時間もない。後ろにはヒトが並んでるし、なんとなく順番ができているからなおのことじっくりみれない。 そこで何となく気持ち悪さを覚えるわけだ。ひょっとするともうしばらく眺めていたら好きになるかもしれない絵とか作品を、なんとなくやりすごして無駄に消費していく感じ。例えるならまだぜんぜん中身が入っているコーラを飲みもしないでゴミ箱にポイポイ捨てていく感じを100回もやってる感じだ。気持ちが悪ぃ。イヤになった。 だいたいそういう所には女連れてデートの場として利用するわけだけど、今の彼女と付き合う前にかなり色んな女と色々出かけて、オノボリさんのおれは地方には滅多にない現代アートの美術館とか好んで行ってたが、おおむね大不評であった。おれもなんでそんなところ連れてったかな~と心底後悔している。眠いし足だるいし疲れるしよお。休日を無駄にするとは正にこのこと。好きなヒトは好きだろうが、おれはもう二度といいって感じだな。女たちも死ぬほど退屈していたようだった。 乙女チックにきれいなものが好きという感性もないではないが、おれはやっぱりちょっと翳りのあるモノが好きなのだな。骸骨とか戦争とか死体とか・・そういう退廃したものが好きなんだな。現代アートの中にもたまにそういうちょっとグロいものがあったりしてそういう展示はかなり楽しめるのだが、だいたいは意味不明な作者のオ×ニーばかりだ。