adolf45d.com
第二次日韓暴力映画大戦 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
※2013年2月16日日記復旧分 しーばーらーまー。ゴンッ! しーばーらーまー。バキッ! しーばーらーまー。ドカッ! しーばーらーまー。グサッ! 全く「しーばーらーまー。」な毎日ですがいかがですか? いや〜僕はね〜。最近観た暴力映画で最も重要な一作に「息もできない」をあげたいと思う。 大爆発も元特殊部隊も派手な銃撃戦もマーシャルアーツもないが、暴力というものがここまで身近に感じられてかつそのあまりのイタさに失笑してしまう・・そんな映画はそう多くないはずである。 主人公の男・・素晴らしいチンピラ面である。およそヒーローの名を与えられる顔ではない。このクソまみれニッポンではカマみたいなツラしたゴボウ美少年がもてはやされる暗黒の国である。顔の悪い奴は生きる価値がないか、道化となって笑いを取るしかない。そんなバカな話があるか!?その悪しき日本文化の最たるものがアニメやテレビドラマだ。可愛くない顔した奴は一体どこにいるんだ?!もう顔の悪い奴はガス室で特殊処理されちまった後か?!ええっ!?いったいぜんたいどんなわけだよ?!価値なき命だってのか?!チクショウ・・。 だがこの映画はタツヨシなツラした凶暴な細目のひげ男が、昭和30年代のヤクザのような格好で、出会う人出会う人全てをしーばーらーまー。しーばーらーまー。とどついてまわる。女も子供も容赦無く。それだけの映画だ。なんでこんなすぐ手が出るのよ・・と。韓国男の凶暴性の系譜を見事な切り口で白日の下に晒す。素晴らしい暴力美化映画(笑)。グラム30円の安いその辺にある暴力を派手なCGも演出も必要ないと言わんばかりに文字通り本当にどつきまくってみせてくれたとんでもない怪作だ。これを観た衝撃をおれは今でも忘れん。 まあそんなわけでべた褒めしまくったけれども、これに対抗するには我が日本の切り札、最終決戦兵器を見せるしかないのではないか??そんなもんあるのか? というところで三池崇史が登場することをお許しいただかなければならない。 ベタだなあ。…ごめん 結局そこにすがるの?…スマン 他にネタはないの?…許して 今更言うようなこと??… うるせえ!! ハラワタ引きずり出すぞこの××野郎!!