adolf45d.com
第一次日韓暴力映画大戦 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
※2013年2月13日日記復旧分 いやあおれは最近敗北感に満ち満ちてますよ…なんなんだこりゃ…一体どういうわけだ… イワンの奴ら…いったいぜんたいいつの間にこんなにパンツァーを大量に揃えやがった…!そもそもなんなんだあの、あれは!多連装ロケット砲は!反則じゃねえか!あの時代にあれは反則じゃねえのか!?だいたいなんだあのイワンの戦意の高さは!?ボリシェヴィキに恐怖で支配されてるんじゃなかったのか?!なんで奴ら降伏しねえんだ?!二階を爆破したら奴ら三階に移動して機関銃で撃ってきやがる!最後の一人が死ぬまで抵抗しやがるっ!こないだ工場を攻めた大隊が蜂の巣にされて十五分で全滅しちまった…!どこに機関銃が忍ばせてあるのか、こっちからは全然見えないんだよ!!ああ、我が総統はロシアは腐った大木だと。ドアを蹴破りさえすればいいとおっしゃった…なのに… …今朝は霜が降りた。。まだ九月なのに!なんて寒いんだ!これで冬が来たらどうなるんだ…?神様!どうか冬が来る前に私を国にお帰し下さい!こんな知らない土地で!寒いのに!補給も来ないのに!イワンに拷問されるのも蜂の巣にされるのも凍え死ぬのもイヤだぁー!助けてぇー!もうやだー! といった心持ちで。おれは絶望の念に打ちひしがれながら。韓国映画をみてはため息をついている。いったいなんだこりゃ…。どういうことだ…。なんでこんなにおもしろいのだ…冗談か?悪い夢か? それに比べて我が日本…彼我の戦力差は圧倒的である。もう戦争にならんぞこれ。 といった感じですが、なんとも最近の韓国の暴力映画はおもしろい。言うことないぐらいだ。アートワークとか邦題の付け方とかも神がかっている。「復讐者に憐みを」「黒く濁る村」とかもうカッコよすぎる。まあノワール映画と戦争映画しかみてないおれがこう言うのもなんだが韓国映画の勢いはすげえなあ…ズンズンベルリンに迫って来てる感じがヤバイ。おれもとりあえず死守命令を乱発するしかない。あと数日守り切れば英米も認めます!我々が対ソの防波堤になるということを!あと数日で講話も可能に…首都が前線だ!特殊作戦発動だ!