adolf45d.com
無人駅の便所(慈しみの女神たちのてきとーな書評) | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
※2013年5月13日日記復旧分 このデタラメ日記も長く続いているものだ。。 過去ログをみてみると、ちょうど去年の五月からこのデタラメ日記が続いている。。まあそういいつつ、僕も32歳ですけど、21歳ぐらいから?確かホームページでゴミのごとき日記的なコンテンツを投下しては、エヘヘ、エヘヘ、と悦にはいっていたものだが、この体制になってからは一年だ。結局おれの書いた日記なんだから読んでるのは主におれなのだ。過疎っているのは仕方ないのだと、まあ最近はそんな風に自分に言い聞かせている。 しかし、こんな急行も止まらないへんぴな無人駅に、何もない何もないとよく見たら便所があったという感じによく似た、この日記。しかしなあ。便所は便所なんだよ。無人駅だろうが急な腹痛に対応できるスペックがあればいいだろうと、心底安心してクソ垂れてみたら、紙がなかったあの感じによく似た、この日記。 一年前のあの日。"この更新のペースが一年後も続いているとは思えない"などとおなじみの敗北主義に満ちたみみっちい発言をしているおれだが、あれから一年。曲がりなりにも、続いているのだからおれもがんばったものだ。。 まあなんか、ナチスとかそういう話題が増えたことは否めないが、おれも一直線にずっとナチスナチスと言っていたわけではない。社会人として日々の糧を得る過程において、全てがヤケクソになり、ナチスなんかもうしらないっ!そんななんの役にも立たないこともう知らないっ!と思ったこともないではなかった。しかしそんな中、こないだ「慈しみの女神たち」という小説が出ましたね。おれもちょっとしてから読みましたけど、なんだこれは?! 第三帝国が素材として持つ怪しげな胡散臭い感じを最大限に引き出しつつ、それが特にひねることもなく史実ベースであるという、なんとも言えないノワール小説に仕上がっている。 この小説がおれの眠っていたナチス関係のあれこれをいたく刺激したのは事実である。なんなんだこりゃ。なんだこの一見さんお断りのわけわかんない世界。ファンタジーか?え?これが現実? 耽美的ともいえる虐殺描写は完全に自分のツボにはまってしまったのだが、一例あげるとこんな感じである。