adolf45d.com
狼の口 ヴォルフスムント | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
いや~なにこれ~ ひいた~ 今日は「狼の口~ヴォルフスムント~」の話をしたいと思います。+ ワタクシがこの漫画を知ったのは五年前ぐらいだと思いますが、あまりにコミックの刊行ペースが遅いため、途中まで読んで放置していました。具体的には四巻で読むのやめていたのだ。ここ2,3年は漫画を読む暇もないほど忙しかったのだ。しかしこないだ熱が出て寝込んでしまい、あまりに暇なので五巻、六巻と買って読んだ。 これはスイス建国の歴史モノとして楽しむことができるはずだし、いろいろな視点があると思うが、ピカレスクロマン(悪漢モノ)として楽しむのが正解でしょう。 ドイツ・オーストリアとイタリア・スイスを隔てる関所を管轄する悪代官ヴォルフラム様の暴虐ぶりを楽しむ漫画だ。どこがどう暴虐かと言われたら、際立っているのはほぼ人間ではないところ、ではないでしょうか? これは関所を避けようとした密入国者を雪山で待ち伏せるお代官様の登場シーンですけどね。吹雪とともに現れるこれは、、、いったい何なんだこれは。神か魔のような存在感である。かっこよすぎるだろう。読者と主人公たちを奈落の底に突き落とすこのド派手な演出にはゾクゾクさせられますね。人間の登場のしかたではないと思います。 とりあえずこの悪代官は変態で妖怪かつしかもサドなんですよね。それでいて異常に頭がキれるという役回り。その智略と謀略によりオーストリア公ハプスブルク家に弓引く反乱分子やスイス独立派をのきなみ地獄へ送るのが仕事。で死体はむごたらしく晒すのが仕事。で、反乱を諦めさせて秩序を維持するのが仕事です。 あ~。 こういう仕事をやってみたい。。。 というのは嘘ですが、関所破りはいかなる例外もなしに死刑に処し、死体は晒して見せしめとし、怪しいやつもとりあえず殺しておくのがお代官様のお仕事の哲学なわけなんですね。 "狼の口"というタイトルは関所のことですが、お代官様の名前も「ヴォルフラム」だし、上の絵を見ていただいても、このお代官様が主人公なんですよ~と暗に示していると思うんですよね。。この極悪人が主人公なんですね、この漫画。