adolf45d.com
第三帝国極悪伝説外伝ルーマニア編②ユダヤ人狩りと死の列車 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
"lasi" "ヤーシ"のポグロムはユダヤ史において最も獰猛なポグロムの一つである。これはヒトラーの親衛隊とルーマニア軍によって引き起こされた。 独ソ戦が始まってわずか三日後、このヤーシの街でソ連空挺部隊とパルチザンの活動が報告された。それを口実にルーマニア軍第十四師団スタブレスク将軍はユダヤ人狩りを命令した。1941年6月28日朝、ドイツ空軍の爆撃が始まり、夜には虐殺が始まった。ヤーシの警察や憲兵隊に警察署や上水道などに集められたユダヤ人は皆殺しにされ、通りでも無差別の狙撃、レ×プ、略奪が続いた。加えてルーマニア軍と《特別出動集団D隊》(einsatzgruppeD)はユダヤ人を問答無用に狩り集め、その場でしらみつぶしに殺していったのである。このポグロムには無数の市民が加担し、ほとんど暴徒と変わらぬ野蛮さで略奪、拷問、目を覆うような蛮行が行われた。 このポグロムで少なくとも8000人が死亡し、生き残ったユダヤ人約4000名が貨車に乗せられ移送された。だが移送に目的があったわけではない。どこに着くでもなく列車は同じ路線を往復し続けた。牛用貨車には鍵がかけられ、ユダヤ人は貨車の中で飢えと乾きと窒息で死んでいった。時折死体を降ろすために列車は停車したが、この「旅」が終わるまでに2544人が帰らぬ人となった。 "死の列車" 貨車から降ろされる死体しかしルーマニアのこのような蛮行は来るべきものの予兆に過ぎなかった。大激変がベッサラヴィア、ブコヴィナ、ドロホイ地方のユダヤ人を待ち構えていた。いまやブコヴィナとベッサラヴィアをボリシェヴィキから取り戻したルーマニアの恐ろしい復讐が始まろうとしていたのである。 クルツィオ・マラパルテの名著「壊れたヨーロッパ」にこのヤーシ大虐殺の黙示録的光景がつづられている。 以下に引用する。