adolf45d.com
第三帝国極悪伝説外伝ソビエト連邦編④カチンの森 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
1939年、9月1日、≪ヴェアマハト(=ドイツ国防軍)≫が150万の地上軍を伴ってポーランド国境へ殺到した。ポーランド軍は一ヶ月で壊滅したが、ソ連軍は17日にウクライナとベラルーシの保護を名目に国境を超え、既に西部戦線に戦力を割かれたポーランド東部は事実上無抵抗でソ連軍に武装解除させられた。 独ソ両国の軍隊は国境線で邂逅し、兄弟のように祝杯をあげた。開戦直前に結ばれた独ソ不可侵条約では既にポーランドの分割統治が決定されていた。二つの巨大な独裁軍事国家に狙われたポーランドに生き残る術はなかった。東ポーランドはウクライナ、ベラルーシのソビエト共和国に併合されることになる。ナチス治安部隊≪ゲシュタポ≫や≪ジッヒャーハイツディーンスト(=SD)≫が占領ポーランドで≪人種の敵≫を探し回っている時に、ソ連治安部隊≪NKVD(=内務人民委員部)≫は≪階級の敵≫に襲いかかった。NKVDは14種の階級を追放のリストにあげていた。それは切手の収集家や外国を旅行したことがある人まで含めた金持ち、地主、警官、役人、法律家、実業家、政治家、聖職者・・・そしで軍の高級将校である。ヒトラーの親衛隊同様、NKVDもまた"地域社会を斬首すること"を目的に暗躍した。全部で150万(40万ぐらいという説もある)の≪階級の敵≫が家畜用貨車を数珠つなぎにした列車でカザフやシベリアの荒地まで数千マイルを輸送された。そのほとんど半数が生きて帰ることはなく死亡したと見られる。また、数万のポーランド将校が故国近くの殺戮の戦場で命を断たれた。 1940年4月、捕虜とされていた4400人のポーランド軍の将校がスモレンスク近郊のカチンの森でNKVDによって銃殺された。その事実は43年4月墓地を発掘したドイツ軍によって世界に公表され有名になった。ソ連はドイツの犯行だと否認。長らく責任の所在が不明確であったが、ソ連崩壊後、事件から半世紀以上が経過した1992年、集団殺害の最高方針はソ連内務人民委員ベリアからスターリン書記長へあてられた書簡※と、同日付の共産党政治局決定に基づいていることが明らかになり、ロシア大統領のエリツィンが公式に認め謝罪した。 ※1940年3月5日付け内務人民委員ベリアのスターリンあて書簡、極秘 同志スターリン