adolf45d.com
第三帝国極悪伝説外伝ソビエト連邦編③ソビエト大テロル | ×田の哲学ノート
OGPUからNKVDへ ウクライナの地獄の飢餓ジェノサイドが一息ついた頃、ロシアの他の地域でも粛清、銃殺、逮捕を繰り返して来たソビエト秘密警察OGPU(オーゲーペーウー=合同国家政治保安部 )は、とりあえずの敵を一掃したと考えた。 チェーカーの時と同様、短い平和が訪れたのである。年間25万件を超えていた逮捕件数は1934年に8万件ほどに減った。これが少ないと言えるかはあなた次第であるが。いずれにし