adolf45d.com
同性婚とそこから派生する話 | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
同性婚の議論がにわかに活発になっている。 これは難しい問題だ。おれは心情的に反対だったが、よくよく考えたら反対するのも悪い気がしてくる。 これは今の言論環境が原因である。 おれもこの問題に関してはちょっと調べてみた。するとこの国の言論環境の問題が浮かび上がってきた。 同性婚賛成派の意見はだいたい次のようなものである。 ・人と人が愛し合うのに国家の承認が必要だなんてそんなのおかしい! ・反対する理由がない。反対する奴は頭が古い。 ・人を愛する事に障害があってはいけない。と思います。 ・私自身は旦那もいるし同性は恋愛対象じゃないけど、そういう人が当たり前に受け入れられる世の中になっていいと思う。 それこそ個人の自由。 ・自分と違う人種は断固拒否みたいな感じがして嫌だ。私は差別しない人間になりたいので賛成。 では反対派はどうかといえばこんな感じだ。 ・そもそも子供を生まない同性婚に、社会的恩恵を与えなければいけない理由が無い。 婚姻の形態をとって社会生活を営む人間に、国家から恩恵を与えるのは、子を産み育てそれが日本の国家の未来につながると思っているから 。 ・偽装結婚などの犯罪の温床になる。 ・同性婚を認めるなら、他の性的マイノリティーの結婚、重婚や近親婚、幼児との結婚を認めない理由がなくなる。 おおかたこれらのどれかである。賛成派と反対派はネットでは8対2ぐらいの割合で圧倒的に賛成派が優勢である。これがそのまま世論に反映されるなら同性婚は近い将来認められるだろう。 だが事態は超複雑だ。 まず賛成派の意見を見て欲しい。 反対する奴は頭が古い。 人と人が愛し合うのに障害があるのがおかしい。 私は差別はしたくない。 私自身はヘテロだけど、、 こういった意見をたくさん見かけるのだが、まず同性婚賛成派の人々がとるスタンスは、①基本的に人ごと。②善人ぶりたい。③進歩的な人間と思われたい。古い人間と思われたくない。④差別している人間と思われたくない。 というのが貫かれている。マジでいうとどうでもいい。だって周りにいない(ようにみえる)し。私自身もヘテロだし。人ごとなんだから善人ぶっとこう。下手に差別する人間と思われたら嫌だし。