adolf45d.com
カナザワ映画祭観戦記 番外編① | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
カナザワ映画祭2014が9月12日〜9月15日で行われました。 ワタクシが参戦するのは9月13日と14日のみ。私生活の都合なんですけれども、こういうのはやはり最初から最後まで参加したいところでしたね。まあ遠いですししょうがないのですが。 13日、朝五時に起床。朝六時のバスに乗って羽田へ。と行きたいところでしたが、、、 いつもと違う時間に起きた、、 前の晩に死ぬほど酒を飲んだ、、 私生活のストレス、、 何かはわからないがとにかく腹が急に痛くなってきやがった!ほんと!急に!あと五分でバスが来る、、大急ぎで便所に駆け込むが、なぜかちょっとしかクソが出ない。で、バスの時間に。。 おいおい待てよ!おれはうんこしてるんだから!そこで焦ったおれは便意もそこそこに急いでパンツはいてバスに飛び乗ってしまったのである。で、当然のごとく、、、 は、、腹が痛い、、 うそぉ〜。ヤバいでしょ〜。 こ、これよく考えたら高速バスよ。直行便よ?途中で降りれないのよ、、? そこでおれは咄嗟に既に運賃を払っていたにもかかわらず、すんでのところで他の客と逆行する形でバスを降りて便所を探しに行ったのだった。。運賃払ったのにウンチに行くのかよ(寒っ)! 便所へ走りながらおれは思った。ああ、、何してるのおれ。子供じゃないんだからさ。十五分前までオ×ニーしてた時は全然クソなんかしたくなかったのによぉ!なんで急にクソなんだよ!しかもちゃんと便所行っても出なかったしよぉ!なんなのほんと!体が司令塔たるこのおれ様を裏切った瞬間であった。 でも便所へ走りながらおれは思った。 ああ、、 でも降りてよかったな、、 この腹痛。このくだしかた。このケ×の穴から染み出さんばかりの圧迫感。 降りなかったらおれおもらししてたわ。。死ぬほどの生き恥を晒すところであった。今でもあの時咄嗟に降りた自分の判断は間違っていなかったと確信している。むしろナイスプレーだったわ、、、 クソを爽やかにひねって颯爽とバス停へと向かったおれだが、どうも次のバスにさえ乗れれば飛行機には間に合うようだ。余裕じゃん。しかし、、 どういうわけか。 今日は体が全力でこの僕に抵抗している。 ぐぐぐぅ〜 うう、、なんだ、、?これはまだ終わってない。。まだ奴はいる!