adolf45d.com
差別② | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
第二新卒。 そんないい言葉どこにも無い時代だった。 もちろん"第一"と区別するための差別的な響きを持つ言葉なのは間違いない。しかしこの言葉がない時代に"既卒者"と呼ばれて就活したワタクシの体験談を書いておきたい。 四月、大学を卒業しなんの職も決まらないまま地元福岡に帰ったおれであった。無為で堕落した日々。しかし就活は色々と忙しく、合同説明会には何度もあししげく通った。 しかしおれはわかっていなかった。合同説明会ってのは基本的に新卒のためのものなのだ。"第一"のための。だがもはやワタクシは新卒ではなく、"第一"でもなかった。そのことに気づくのが少し遅かった。 居場所がない。。 最初に感じたのは漠然とした居心地の悪さだった。 色んな会社がいて色々と説明してくれている。だが、その説明の対象はどうかんがえてもワタクシではなかった。その対象は新卒であり、"第一"であった。 既に大学を卒業したワタクシは新卒ではなく、ただの無職にほかならなかった。たった一年の違いだけなのに、その差は歴然だった。 説明会では説明を聞くことはできた。だが、エントリーすることは断る企業もいた。ワタクシが"第一"ではないからである。だが門前払いされる方がまだマシだった。いくつかの企業は"既卒者"がエントリーすることを許してくれたが、面接では確実に落とされた。その面接までの時間は無益なもので、確実に落とすとはじめから決めているのだから、門前払いされる方がまだマシだった。 合同面接ではその差をハッキリと感じた。おれともう一人の学生が同時に面接を受けた場合、面接官は露骨におれを無視した。片方の学生にばかり質問するのである。比重が多い少ないの話ではない。完全な無視だった。面接官も二人いて、片方は就職が決まらないまま卒業をする人間がいかにクズであるのかというありがたい話を延々語って聞かせてくださった。そのオッさんの顔は今でもよく思い出せる。オッさんはおれの顔を見ようともせず、もう一人の学生にそんな話をした。もう一人の面接官が私にも質問してくれた。しかし、件のオッさんが「こっちは(相手にしなくて)いい」と苛立たしげに言うのがはっきり聞こえた。で、面接の後小論文の課題が出た。ここでひいたらダメなのかと思い、無駄な努力だとは思ったががんばって書いた。 合否の連絡すらなかった。