adolf45d.com
第三帝国極悪伝説25 アドルフ・アイヒマン | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
アドルフ・アイヒマン Adolf Otto Eichmann 抹殺者 所属:帝国保安本部ゲシュタポB4課 出身:ドイツ、ゾーリンゲン 階級:SS中佐(SS-Obersturmbannführer=オーバーシュトゥルムバンフューラー 罪状:ホロコーストの総責任者 1906年、ゾーリンゲンで生まれたアドルフ・アイヒマンはカイザー・フランツ国立実科高等学校を卒業できなかった。親衛隊に入ったあともそれがずっとコンプレックスだった。SDの幹部たちはみんな有名大学出だ…権力を手にしたい。ブイブイ言わせたい。周りにチヤホヤされたい。認められたい。そもそも親衛隊に入ったのが、200センチぐらいの大男※に「うむ!我らの同志になりなさい!!」と有無を言わせぬ口調で押しまくられたからであった。「は…はい、入ります」 権力に弱かった。権威の前にひれ伏してきた。権力を渇望した。権力を手にしておれも威張りたい。それだけであった。この悪魔を突き動かした衝動。それは権力欲だった。 ※のちの帝国保安本部長官エルンスト・カルテンブルンナー さえない仕事ばかりだった。どれもうまくいかなかった。煮詰まったしょっぱい日々。人生をリセットしたいものだ。常々そう考えていた。そんな悪魔の眼前に国家社会主義運動が展開されていた。なんだこりゃ…なんかようわからんが、勢いあるよな。悪魔は呆然とみていたが、なんか強そうなヤツに誘われたし、親衛隊とかいうのに入ってみようか…悪魔はそんな適当な理由で髑髏の結社に入隊した。 退屈な日々だった。軍務はいつも同じ。単調で冗長。繰り返される同じような日々。つまんないな…どこに行っても同じだな。 悪魔はここでも煮詰まったしょっぱい日々を送る。なんか面白いことないんか。そんな悪魔の眼前にSD隊員の応募書類があった。何か新しいことを求めて悪魔はSD(ジッヒャーハイツディーンスト=保安部=ナチ党の情報部 )に応募した。そして採用された。