adolf45d.com
第三帝国極悪伝説24 カール・ヘルマン・フランク | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
カール・ヘルマン・フランク Karl Hermann Frank 報復者 所属:チェコ親衛隊及び警察高級指導者(HSSPF) 出身:チェコ、カールスバート 階級:SS大将(SS Obergruppenführer=オーバーグルッペンフューラー) 罪状:チェコでハイドリヒ副総督の暗殺の報復としてリディツェ村虐殺を指揮 左:ベーム 中央:ハイドリヒ 右:フランク チェコ軍レジスタンスによって暗殺されたライハルト・ハイドリヒの報復が始まり、いい加減な理由でプラハ郊外のリディツェ村がその報復対象として選ばれた。1942年6月9日午後7時45分、ハイドリヒの葬儀の夜、プラハのゲシュタポ地方本部長ホルスト・ベームは、HSSPF(親衛隊及び警察高級指導者)グルッペンフューラー(SS中将)、カール・ヘルマン・フランクから以下の命令を伝えられた。 1.リディツェ村の男を皆殺しにする。 2.リディツェ村の女をすべて強制収容所に送る。 3.子供もすべて集めて"ドイツ化"できるものはドイツ国内のSS家族に預け、その他のものは、別のところに送る。 4.村を焼き払い、地面まで平にする。 1942年6月9日午後10時過ぎ、この作戦に関係するドイツ軍部隊は車でリディツェ村へ向かった。すぐに現地のチェコ警察署が占領され、村は≪保安警察(=ジポ)≫によって包囲された。そして正式に命令が発せられた。 "総統命令 リディツェ村を破壊し、住民を殺すべし" 作戦は何の混乱もなく順調に推移した。 ゲシュタポやジポは住民を叩き起こし、男性を果樹園に、女性と子供を学校に連行し始めた。婦人たちは貴重品を持ってくるように言われたが、学校に着くとそれらはすべて没収された。 ゲシュタポは戸籍簿を持ってこさせ、几帳面に村のすべての男性を照合した。このようにして村には11人の行方のわからぬ男たちがいることがわかった。村長によれば彼らは夜勤で外出しており、朝には戻ってくるという。 結果、173人の男たちが果樹園そばの倉庫と納屋に集められたのであった。 ゲシュタポはガソリンの入ったドラム缶を持ってきて、小さな容器にわけて村のすべての家の中に運んだ。 10日未明、フランクがリディツェに到着し、再度命令を繰り返した。処刑部隊はそれを合図に行動を開始した。