adolf45d.com
第三帝国極悪伝説23 ローラント・フライスラー | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ローラント・フライスラー Roland Freisler 司法界の装甲師団 所属:法務省 出身:ドイツ ツェレ 階級:民族裁判所長官 罪状:民族裁判所長官として数々の反体制派を断頭台に送った。 第三帝国民族裁判所の最高判事として君臨した男だ。民族裁判所?なんやそれ。という人がほとんどであろう。民族裁判所とは人民法廷と訳されることも多いが、要するにナチ政権にたてついた裏切り者、反逆者、その疑いのあるものをほとんど即決裁判のような簡易化されたシステム下で絞首台へピストン輸送するものである。ローラント・フライスラーはその民族裁判所の最高判事として、数々の反体制派を地獄に送った極悪人である。彼は法を自分や党に都合の良いように勝手にねじ曲げ、まさしく法廷で絶対権力を持つ神として君臨した。彼は被告をどやしつけ、大声で口汚く面罵することを好んだ。大部分の被告は既にゲシュタポに拷問されたあとだったわけで、そんなヘロヘロな状態で強烈な存在感の法廷の神とやりあえる勇者はいくらもいなかった。 だいたいが裁判は一方的なリンチのようなものとなり、弁護人も検察も他の裁判官も、もはやいるだけで特にやることはなかった。結果は死刑だとわかりきっていたし、他の判決が下されることはごくごく稀であった。敗戦が濃厚となってくると、裏切り者を殺そうというローラントの執念は激しさをまして行き、どうせ死刑なんだから裁判の手続きをもっともっと簡易化しようという流れは終戦まで続いた。もはやドイツ司法界は第三帝国の粛清装置として利用されるままに堕していったのである。 フライスラーは自分が法をねじ曲げていると知っていたし、はっきりとした悪意を持って裏切り者に死刑を下した。司法の役割は真実を明らかにすることであるはずだが、ローラントの目的は真実をひたすら隠蔽し、真実を語ろうとする者の口を封じることであった。「我々は国内の前線にて戦っている。我々は司法界の戦車師団である。」 次々現れる国内の敵を≪総統=フューラー≫と≪民族=フォルク≫の名の下に亡き者とする。それがローラントの国家社会主義に対する忠誠であり、総統に対するご奉公であった。彼は自らが司法界の外道であると熟知した上で、国家社会主義のために悪行を重ねたのである。それが最終的勝利へつながる、そう信じていたのである。