adolf45d.com
第三帝国極悪伝説22フォン・ライヘナウ | MASSIVE BLEEDING MASSACRE xxx.ver
ヴァルター・フォン・ライヘナウ Walther Von Reichenau ナチのユダヤ人虐殺に手をかした国防軍元帥 所属:ドイツ国防軍第六軍 出身:ドイツ、カールスルーエ 階級:陸軍元帥 罪状:独ソ戦初期に麾下部隊にユダヤ=ヴォルシェビズムの一掃を命令。実際に子供90人の処刑命令をだした。 ヘルマン・フェーゲライン親衛隊大佐が髑髏騎兵連隊を率いてプリピャチ沼沢地で大々的な虐殺作戦を実施したのと時を同じくして、新たな惨劇が幕をあげようとしていた。 1941年8月、進撃を続ける《ヴェアマハト=(ドイツ国防軍)》の第六軍の作戦領域でその悲劇は起きた。第二九五師団の無線通信士、フランツ・コーラーはウクライナの首都キエフの南西部に位置する都市、ヴェーラ・ツエルクヴァに向かっていた。到着してみるとユダヤ人地区で銃声が聞こえる。アインザッツグルッペC隊のゾンダーコマンド4aと《武装親衛隊》、それらに率いられたウクライナ民兵がユダヤ人を処刑しているところだった。 コーラーは戦慄の光景を目にした。「老いた男と二人の女がいた。女たちは男の娘に違いない。その三人が最後だった。男は女二人を両腕に抱いていた。そこへSSが来て、三人を拳銃で射殺した。後ろから首筋を撃ち抜いて。」コーラーは震え上がって、この人たちの子供はどうなるんだ、と特殊部隊に尋ねた。「われわれには関係がありません。われわれはただ14歳以上から年寄りを射殺します。子供のことは知りません。」 コーラーがこの時案じた子供達の処遇が明らかになったのは数日後だった。SSは海岸にある建物の中に子供達を閉じ込めていたのだった。水もパンも与えずに。その数は90名にのぼった。劣悪な環境の中、子供達は漫然と命をつないでいた。生後数ヶ月の赤ん坊から5、6歳ぐらいの子供達だった。ウクライナ民兵がそれを監視した。閉じ込められた子供達の泣き声が辺り一帯に響いた。状況をみかねた従軍司祭が許可をとって小屋を調査したところ、皆排泄物にまみれた床の上に横たわったり座ったりしており、足や下半身にはハエが群がっていた。2、3歳の子供が壁の漆喰を剥がして食っていた。ひどい悪臭だった。赤ん坊はずっと泣き続けていた。